旅バカ医大生、絶景求めて世界一周。

バカで無謀な大学生が、バックパッカーとして世界一周を目指すブログ。現在41ヶ国訪問!ついでに野宿で自転車日本一周もしてます。ときどき登山も。

世界一周51ヶ国旅した僕が選ぶ、極上の絶景63選!

このページでは、ぼくがこれまでバックパッカーとして世界一周してきた中で、

 

本当に感動した絶景だけを、

実際に撮影した写真とともに紹介します!!

 

バラバラに掲載しても見にくいので、地域ごとにまとめました。

ではさっそく、世界一周旅人のあいだで「絶景大陸」とも呼ばれる南アメリカから!!

 

 

 

 

<南アメリカ (7ヶ国,12箇所)>

絶景といえば南米!と言われるだけあって、やはりレベルが違いました。

同じ南米大陸でも、低地や熱帯雨林の広がる東側と、

6000mを超える山々が数多く並ぶ高地帯の西側とでは、

気候も文化も民族も大きく異なるため、景色が本当に多様です。

 

1. イグアスの滝(ブラジル/アルゼンチン)

→行った時の記事へ(ブラジル側)

 →行った時の記事へ(アルゼンチン側)

アフリカのヴィクトリアの滝、北アメリカのナイアガラの滝と並ぶ

世界三大瀑布の一つがこのイグアスの滝

規模は三つの中でもダントツのナンバーワン、つまり世界最大の滝です。

これを見たアメリカのルーズベルト大統領婦人が、

ナイアガラの滝とのあまりの大きさの違いに圧倒され、

「ああかわいそうな私のナイアガラ・・・」と言ったという

有名な話があるほど、桁違いに大きな滝です。

ブラジルとアルゼンチンの国境にまたがっており、

両側から見ることができます。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180302/20180302044934.jpg写真奥が、「悪魔の喉笛」と呼ばれる滝の中心部。(ブラジル側から)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180302/20180302044309.jpg

ブラジル側から

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180302/20180302085212.jpg

アルゼンチン側から

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180302/20180302072950.jpg「悪魔の喉笛」と呼ばれる、滝の中心部。(アルゼンチン側から)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180302/20180302114804.jpgボートに乗って滝壺に突撃するツアーもあります。

水圧が凄すぎて、滝壺では息をすることができません。

本当にクレイジーなツアー。笑(アルゼンチン側から)

 

 

 

2. ペリト・モレノ氷河(アルゼンチン)

→行った時の記事へ

アルゼンチン、チリの南部にはパタゴニアと呼ばれる地域が広がっており、

ここに存在する氷河は、南極、グリーンランドに次いで地球上で3番目に巨大です。

その中でも最も有名なのがペリト・モレノ氷河。
ペリト・モレノ氷河は全長35km、表面積は195平方キロ、

先端部の幅は5km近く、高さは60mあります。
豊富な降雪と比較的高い気温のため、流れが速いのがこの氷河の特徴で、

平均して1日でなんと2mも進んでいます。
この動きが有名な崩落を引き起こします。
巨大な氷の塊が、数十メートル下の水面に向かって落下。

その音はまるで雷鳴を思わせるような轟音です。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180307/20180307112751.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180307/20180307115854.jpg氷河の先端にできたトンネル。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180307/20180307121300.jpg氷河の上をアイゼンを装着して歩くツアーに参加。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180307/20180307121525.jpg間近で見ると、大小無数のクレバス(氷の割れ目)が。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180307/20180307121828.jpg幸運にも、滅多に見ることのできない氷河の洞窟ができていました。

数日後には内部が水で満たされて入れなくなってしまうだろうとのこと。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180307/20180307122956.jpg氷河の洞窟内はとんでもない青さ。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180307/20180307121712.jpg氷河の氷でウイスキーをロックで飲みます。

こういうところが南米っぽい。笑

 

 

 

 

3. フィッツ・ロイ(アルゼンチン)

→行った時の記事へ

アウトドアメーカー「Patagonia」のロゴにもなっている、

アルゼンチン南部のパタゴニア地方にあるフィッツ・ロイ山。

「煙を吐く山」とも呼ばれるほど、常に雲に覆われています。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180307/20180307105614.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180306/20180306211810.jpg山岳氷河。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180306/20180306212523.jpg麓の街のエル・チャルテンから眺めたフィッツロイ。

ここから2日かけて、往復20kmの道を歩いて麓まで向かうトレッキングをしました。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180306/20180306070807.jpg道中にはこんな絶景も。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180306/20180306071650.jpg森の中でキャンプします。楽しい!笑

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180306/20180306071323.jpg日本からはるばる持ってきた貴重な食料を調理。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180306/20180306071402.jpg

 

 

 

 

4. アタカマ砂漠(チリ)

→行った時の記事へ

世界で最も星空の美しい場所として知られるアタカマ砂漠

その理由は、まずは標高の高さ。低いところでも2500mを超えます。

そして、晴天率の高さ。世界で最も乾燥した場所として知られるアタカマ砂漠
中には40年間1滴も雨の降っていない場所もあるそう。
だから毎晩雲一つない快晴なので、満天の星空を見ることができます。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180313/20180313041056.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180312/20180312103009.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180312/20180312101758.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180313/20180313041329.jpgサンドボードをやってみました。スノボに似てて楽しい!

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180313/20180313042125.jpgこれが世界一、アタカマ砂漠の星空。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180313/20180313042151.jpg

 

 

 

5. サン・ペドロ・デ・アタカマの街並み(チリ)

→行った時の記事へ

アタカマ砂漠の中心にある街、サン・ペドロ・デ・アタカマ。

日干しレンガ(アドベ)で造られた家々が並ぶ、珍しい街です。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180312/20180312101100.jpg茶色い日干しレンガで造られた家、青く抜けるような空。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180312/20180312101936.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180313/20180313041921.jpg静かな空気に包まれる土産物街。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180312/20180312101917.jpg街から見上げる星空はこの美しさ。

 

 

 

6. 宝石の道(チリ/ボリビア

→行った時の記事へ

チリのサン・ペドロ・デ・アタカマとボリビアのウユニ塩湖を

結ぶ道は通称「宝石の道」と呼ばれ、標高は4000〜5000m、

しかも未舗装のデコボコ道が続くという非常に過酷な環境。

ここを2泊3日かけてランクルで旅するツアーに参加しました。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180313/20180313230102.jpg世界最高所にある温泉。標高4600m。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180313/20180313224939.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180313/20180313223441.jpgチリとボリビアの国境。標高4400m。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180313/20180313224335.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180313/20180313232603.jpgドライバーのジョニー。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180313/20180313224518.jpg

世界最高所の温泉。標高4200m。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180313/20180313225411.jpgフラミンゴの住むピンク色の湖。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180313/20180313225343.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180314/20180314023826.jpgアルパカ。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180313/20180313232911.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180314/20180314024308.jpg大蛇のような川の流れる、その名もキャニオン・デル・アナコンダ

 

 

 

7. ウユニ塩湖(ボリビア

→行った時の記事へ

世界一平らな場所とされているウユニ塩湖。

100km×120kmほど広がる塩湖は、雨季には水深5cmほどの水が張ります。

風がないとき、ここに空が反射して水面がまるで鏡張りのように見えるのが、

有名なウユニ塩湖の鏡張り。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180319/20180319053642.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180314/20180314071230.jpg空と水面との境界が分からなくなります。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180314/20180314075458.jpg夕焼けの鏡張り。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180319/20180319053936.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180319/20180319053745.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180314/20180314073316.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180314/20180314073639.jpg最も見るのが難しい、星空の鏡張り。

完全に無風の状態でないと見ることができません。

足元まで360度全てが星空の光景、まるで宇宙にいるよう。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180319/20180319053457.jpgウユニ塩湖の真ん中にある、有名な観光名所。

 

 

 

8. ワイナポトシ山(ボリビア

→行った時の記事へ

ボリビアにて登った、キリマンジャロより高い

標高6088mのワイナポトシ山。

2泊3日、アイゼンとピッケルを使って雪山を登りました。

人生で初めて辿り着いた標高6000mの世界は、想像を絶する景色でした。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180319/20180319110254.jpg標高6088mの山頂にて日の出を迎えます。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180319/20180319104133.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180319/20180319104904.jpg人が歩いているのが山頂手前。

体をザイルで繋いで、文字通りお互いに命を預けます。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180319/20180319104927.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180319/20180319062451.jpg

垂直な壁を登るアイスクライミング。

酸素濃度が平地の半分となる標高5000mの世界では、

酸素を一気に消費するアイスクライミングはめちゃくちゃ息苦しいです。

 

 

 

9. ラパスの街並み(ボリビア

→行った時の記事へ

ボリビアのラパスは世界で最も標高の高い首都として有名。

標高は約4000m、富士山頂よりも高いんです。

すり鉢状の地形に街が広がっています。

憲法上の首都はスクレという別の街なのですが、

実質このラパスが首都になっています。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180319/20180319061149.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180319/20180319060309.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180319/20180319060048.jpgラパスの街の交通手段はロープウェー。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180319/20180319060343.jpgロープウェーから見下ろす泥棒市。

地平線の果てまで屋台が広がっています。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180319/20180319060407.jpg

 

 

 

 

10. マチュピチュ遺跡(ペルー)

→行った時の記事へ

映画インディー・ジョーンズのモデルとなったハイラム・ビンガムが、

1911年に発見したのがこのマチュピチュ遺跡。

かつて南米大陸を統治した巨大帝国・インカ帝国が造り上げました。

標高2400mの細い尾根にあり、当時は約300~1000人が住んでいたとのこと。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180322/20180322084057.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180322/20180322080912.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180322/20180322081129.jpg市街地への入口となる門。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180322/20180322082646.jpgインカ帝国といえばやはり有名なのが、

隙間に紙一枚通さないと言われる石組み技術。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180322/20180322083708.jpg段々畑。

 

 

 

11. クスコの街並み(ペルー) 

→行った時の記事へ

かつて南米大陸を統治し、あのマチュピチュ遺跡を築いた

巨大帝国・インカ帝国

その首都がここクスコです。

インカ帝国といえばやはり有名なのが、

隙間に紙一枚通さないと言われる石組み技術。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180323/20180323080221.jpg街の中心の広場。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180323/20180323080304.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180323/20180323130949.jpgインカ帝国時代に造られた石組み。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180323/20180323080113.jpg有名な「12角の石」。

石組みを作るだけならば四角形の石で十分事足りるのですが、

あえて難易度の高すぎる12角に挑戦し、

それを見事に成し遂げたインカの技術力が垣間見えます。

 

 

 

12. アマゾン川熱帯雨林(ペルー)

→行った時の記事へ

流域面積世界最大、知らぬ人はいない大河アマゾン川

そこで泳ぐ、というのがぼくの人生の夢の1つです。

その流域の熱帯雨林で2泊3日、過ごしてきました。

想像を絶する過酷な生活でした・・・笑

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180328/20180328002930.jpg夢だったアマゾン川で水泳!https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180328/20180328003518.jpg熱帯雨林の中に暮らす少数民族・ヤグア族の村へ。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180328/20180328002454.jpg族長に、魔除けのペイントを塗ってもらいます。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180328/20180328004044.jpgアマゾン川で釣り。

もちろん狙うのは、あの魚・・・

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180328/20180328003758.jpgそう、ピラニア!!!

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180328/20180328005259.jpgターザンごっこをしたりしながら密林に分け入ります。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180328/20180328005031.jpg木についた巨大なアリの巣。そこに素手で手を突っ込んで・・・

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180328/20180328005042.jpg手に無数のアリを這わせます。

これをすり潰して全身に塗りこむと、虫除け効果があるそう。

実際にやってみると、柑橘系の香りがしました。

貴重なタンパク源だから、と言われ踊り食いもしました。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180328/20180328000818.jpg夜の熱帯雨林には、タランチュラ。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180328/20180328004749.jpg巨大ゴキブリだらけのロッジで寝泊まりします。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180327/20180327182934.jpgアマゾン川の最寄りの街・イキトスの魚市場。https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180327/20180327231500.jpgこれは世界最大の淡水魚・ピラルクー。

 

 

 

 

 

<北アメリカ(1ヶ国,2箇所)>

広大な国土を誇るアメリカ合衆国とカナダで構成される北アメリカ。

 

 

13. ニューヨークの夜景(アメリカ合衆国

→行った時の記事へ

世界の中心といえばやはりアメリカのニューヨーク。

その夜景はやはり抜群の絶景でした。

写真右側でひときわ明るく輝いているのがタイムズスクエア

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180226/20180226115205.jpg

 

 

 

 

14. タイムズスクエアアメリカ合衆国

 →行った時の記事へ

世界の中心ニューヨークの、さらに中心がタイムズスクエア

広告の液晶が明るすぎて、夜なのに昼のような明るさ。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180226/20180226114124.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180226/20180226114243.jpg

 

 

 

<アフリカ(11ヶ国,9箇所)>

文明も交通も未発達、治安も悪く、

旅するのがとにかく大変だったアフリカ。

しかしその分、桁違いのスケールの大自然に圧倒されました。

 

 

15.  キリマンジャロ山(タンザニア/ケニア

→行った時の記事へ

アフリカ大陸最高峰、標高5895mのキリマンジャロ山。

世界で最も高い火山であり独立峰です。

その標高の高さ故に高山病がつきもので、登頂成功率は約30%。

この山に5泊6日のテント泊で登りました。

道中はひたすら絶景の連続に圧倒されます。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170826/20170826032245.jpg後ろに見えるのがキリマンジャロ山頂。この場所で標高4200mほど。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170823/20170823142548.jpg標高4000mに生える奇妙な形の植物。

ジャイアントセネシオという名前で、世界でもここにしか生えていないそう。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170826/20170826202705.jpg標高4700m。雲海に浮かぶベースキャンプ。もはやラピュタの世界。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170826/20170826060319.jpg山頂から眺める朝日。https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170826/20170826203143.jpg山頂にて。標高が6000mと高いので空が物凄く青い。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170823/20170823061724.jpg眩しいほどの満天の星空。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170822/20170822212141.jpg頭上に横たわるのは天の川。

 

 

 

 

16.  マサイマラ国立公園ケニア

→行った時の記事へ

「野生動物の楽園」として名高い、ケニアのマサイマラ国立公園。

2泊3日でサファリを楽しみました。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170826/20170826213528.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170826/20170826214143.jpg神々しく輝くライオン。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170828/20170828034318.jpgヌーを捕食するライオン。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170828/20170828035515.jpgライオンの親子。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170827/20170827072117.jpgチーター。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170827/20170827071332.jpg地平線まで埋め尽くすヌーの群れ。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170827/20170827075326.jpg有名なマサイ族の村で。

彼ら得意のジャンプを見せてもらい、ジャンプ対決しましたが、惨敗しました・・・。https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170827/20170827075436.jpg

f:id:nexus17xxx:20180710171337j:image

火起こしの様子を見せてくれました。

f:id:nexus17xxx:20180710171342j:image

 

 

 

 

 

17.  バオバブ並木(マダガスカル

→行った時の記事へ

有名なバオバブ並木。首都アンタナナリボから陸路で20時間の辺境にありました。

11人乗りの車に20人以上詰め込まれて、20時間。笑

間違いなく人生で最も過酷な乗り物でした。

たどり着いたバオバブ並木はあまりにも美しく、

気づけば時間を忘れてひたすらぼーっと眺め続けていました。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170813/20170813210728.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170813/20170813205603.jpg

星空のバオバブ並木。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20171125/20171125021359.jpg夕暮れのバオバブ並木。f:id:nexus17xxx:20180630023948j:plain

 

 

 

 

18.  テーブルマウンテン南アフリカ共和国

 →行った時の記事へ

まさに大自然の不思議と言える地形。

その名の通りテーブル状の形をしたこの山は標高1000m以上。

眼下に広がるアフリカ大陸最南端の街・ケープタウンは絶景。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170829/20170829073554.jpghttps://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170828/20170828173907.jpg

 

 

 

 

19.  ケープタウンの夜景(南アフリカ共和国

→行った時の記事へ

大して期待せずに見に行って、いい意味で完全に期待を裏切られました。

オレンジ色の光で統一された街の明かりが本当に美しいです。

アフリカ大陸最南端に待っていた絶景でした。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170901/20170901044454.jpg

 

 

 

 

20.  ヴィクトリアの滝ザンビア/ジンバブエ   

→行った時の記事へ

南米のイグアスの滝、北米のナイアガラの滝と並んで

世界三大瀑布の1つに数えられるヴィクトリアの滝

滝壺の断崖に柵なんて一切ないのがアフリカっぽさ。

危なすぎ。笑  ものすごい迫力。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170802/20170802232008.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170802/20170802231400.jpg

 

 

 

 

21.  チョベ国立公園(ボツワナ

→行った時の記事へ

世界一ゾウの生息密度が高いと言われる地帯。まさにゾウの楽園でした。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170802/20170802043307.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170802/20170802035058.jpg

 

 

 

 

22.  キガリルワンダ

→行った時の記事へ

ここルワンダは、20世紀最悪とも言われる人道的悲劇が起きた国としても知られています。

1994年、民族対立によりたった100日間で、

50~100万人もの人々が虐殺されました。

これは当時のルワンダの人口の10~20%にものぼる数です。

そんな悲劇を乗り越え、発展し続ける国ルワンダ首都・キガリ

どこまでも続く丘に広がる家々はまさに絶景でした。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170804/20170804234938.jpg

 

 

 

 

23. カンパラのタクシーパーク(ウガンダ 

→行った時の記事へ

ウガンダの交通の中心となっている首都カンパラの「オールド・タクシーパーク」。

見てください、この密度!!! 

身動きとれるの??

間違いなく世界一のタクシー密度でした。笑

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170808/20170808052727.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170807/20170807001231.jpg ウガンダの人々はみんな陽気で優しくて、本当に居心地がよかったです。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170807/20170807001633.jpg またいつか行きます、ウガンダ

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170806/20170806190122.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170806/20170806190015.jpg

 

 

 

 

 

<東ヨーロッパ(8ヶ国,7箇所)>

美しい街並みが印象的だった東ヨーロッパ。

絵葉書のような街並みが、実際に目の前に現れた時の感動は凄かったです。

 

 

24. サントリーニ島ギリシャ

→行った時の記事へ

ギリシャエーゲ海に浮かぶ孤島・サントリーニ島

真っ青な空に映える青と白の家々が織り成す絶景は、ハネムーンにも大人気。

この風景を一目見ようと、世界中から観光客が訪れます。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170320/20170320145819.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170320/20170320145024.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170320/20170320145208.jpg

 

 

 

 

25. パルテノン神殿ギリシャ

→行った時の記事へ

あまりにも有名な古代ギリシャの最高傑作、パルテノン神殿

ギリシャの首都・アテネを見下ろす丘の上にそびえ立っています。

なんと建設されたのは今から2500年前。全て大理石でつくられています。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170320/20170320024114.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170320/20170320022148.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170320/20170320022443.jpg

パルテノン神殿から見下ろすアテネの街並み。

これもまた絶景です。

 

 

 

26. プラハチェコ 

→行った時の記事へ

世界を見て回った旅人の多くが、「世界で最も美しい街並み」と口を揃えて言う、

チェコの首都・プラハの街並み。

どこまでも続く赤い屋根の家々は、まさにおとぎ話に出てくるような風景。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170328/20170328170914.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170328/20170328165451.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170327/20170327053804.jpg夕暮れどきには、赤い屋根が黄金色に輝き、

言葉にできないほどの絶景が広がります。

 

 

 

27. チェスキー・クルムロフ(チェコ

→行った時の記事へ

インターネットで「世界で最も美しい街」と検索してみてください。

そうすればこの街が出てくるはずです。

 チェコの首都プラハからバスで3時間の郊外にあるこの街。

プラハと比べてこじんまりとしていますが、川に囲まれた赤い屋根の家々はまさに絶景。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170325/20170325232531.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170325/20170325231940.jpg

 

 

 

28. 国立図書館プルンクザール(オーストリア  

→行った時の記事へ 

オーストリアの首都・ウィーンを中心に、

第一次世界大戦に敗れるまでの650年間ものあいだ

東ヨーロッパを支配し続けた ハプスブルグ家。

その栄華が全て詰まった王宮の中に、「世界で最も美しい図書館」と

称される国立図書館プルンクザールがあります。

天井高くまで積み上げられた古書に圧倒されます。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170325/20170325142254.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170325/20170325142312.jpg

 

 

 

 

29. セーチェニ温泉(ハンガリー) 

→行った時の記事へ

知られざる温泉大国であるハンガリー

首都ブダペストには100を越す源泉と50近くの浴場があるそう。

浴場は原則として全て水着着用の混浴。

温度は37度ぐらいのぬるめです。

 その中でも最大、ヨーロッパで最も大きな温泉である「セーチェニ温泉」は圧巻のスケール。

ここは巨大な露天風呂の他に18の屋内温泉もあります。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170321/20170321164829.jpg

 

 

 

 

30. タリン(エストニア) 

→行った時の記事へ

「絵葉書のような街並み」と称されることの多い、

バルト三国最北の国・エストニアの首都タリンの街並み。

端から端まで15分もあれば歩けてしまうようなこじんまりとした旧市街ですが、

居心地の良さは抜群でした。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170328/20170328223350.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170328/20170328223334.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170328/20170328223421.jpg ロシア正教の教会。

独特なタマネギ型のドームが美しいです。

 

 

 

 

<中東(5ヶ国,8箇所)>

世界一周で最も身の危険を感じた政情不安定なこの地域ですが、

(特にパレスチナ自治区

絶景に秘められた歴史の重さを知り、訪れてよかったなと感じました。

 

治安面も含め簡単にはおすすめできませんが、

本当に行ってよかったです!

 

 

31. エルサレムイスラエル   

→行った時の記事へ

ぼくが世界で最も面白かった街はどこか。

そう尋ねられれば、間違いなく「エルサレム」と答えます。

ユダヤ教キリスト教イスラム教の3つの宗教の聖地となっている街・エルサレム

たった数百メートルの範囲内に、この3つの宗教の聖地が揃っています。

そのため、長い世界の歴史の中でも、

幾度となくこの街を巡って戦争が起こってきました。

そして今日でも、イスラエルパレスチナの2国が、

この街の領有権を巡って争っています。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170316/20170316060044.jpgユダヤ教の聖地「嘆きの壁」越しにイスラム教の聖地「岩のドーム」を望む、

エルサレムを象徴する光景。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170315/20170315140419.jpgユダヤ教の聖地「嘆きの壁」。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170315/20170315140446.jpg嘆きの壁」で祈る敬虔なユダヤ教徒の方々。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170316/20170316055946.jpgイスラム教の聖地「岩のドーム」。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170315/20170315141105.jpgキリスト教の聖地「聖墳墓教会」。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170315/20170315141139.jpgキリストの処刑に使われたとされる十字架。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170315/20170315140350.jpgキリストの生きていたとされる2000年前から変わらない旧市街の街並み。

歴史のスケールが違いすぎる。    

 

 

 

32. アパルトヘイト・ウォールパレスチナ自治区

→行った時の記事へ

イスラエルパレスチナ自治区ヨルダン川西岸地区)との国境に延々と築かれた高い壁。

この地に入植してきたイスラエルが、

パレスチナ自治区との国境に一方的に築いたものです。

いわば、パレスチナ人を閉じ込めるための巨大な牢獄。

総延長はなんと700km、高さは8mを越えます。

パレスチナ側を見張るための高い監視塔も建てられており、

パレスチナ側の壁は、自由を求める人々の落書きやメッセージで溢れています。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170317/20170317145841.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170317/20170317145619.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170317/20170317145659.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170317/20170317145535.jpgその中にはイギリスの有名覆面アーティスト・「バンクシー」による作品も複数箇所にあり、

タクシーをチャーターすれば見て回ることができます。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170317/20170317145459.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170317/20170317145424.jpg

 

 

 

33. 死海(ヨルダン/イスラエル 

→行った時の記事へ

塩分濃度が極めて高いことで有名な死海

死海の塩分濃度は約33%と海水の約10倍。

塩分濃度が高すぎて魚が住めないことからこの名がつきました。

実際は流入する川の河口には魚が住んでいるそう。笑

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170317/20170317230542.jpg

死海は海面下420mに存在します。

実はここ、世界一標高が低い場所です。

ふつうなら深海であるはずの場所に陸地があります。不思議。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170317/20170317224903.jpgあまりの塩分濃度の高さに、湖岸では塩が析出しています。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170317/20170317224814.jpgしかし現在、開発により急速に死海は縮小しているそう。

 

 

 

 

34. ぺトラ遺跡(ヨルダン)

→行った時の記事へ

荒れ果てた砂漠の中に突然姿を現す巨大都市遺跡・ペトラ。

映画「インディー・ジョーンズ」の舞台となったことでも有名です。

ぺトラは、19世紀にスイス人探検家によって発見されるまで、

歴史上から忘れられた存在となっていました。

1.2kmも続く、「シーク」と呼ばれる下の写真のような断崖絶壁の間を進んでいくと・・・

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170313/20170313083531.jpg 突然目の前にこの巨大な神殿が姿を現します!!

すっげえええええええええええええええ!!!https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170314/20170314050428.jpgペトラ遺跡はとにかく広い。1日では全て見て回ることは不可能。

ぼくも丸2日かけて歩き回りましたが、全て見ることはできませんでした。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170313/20170313083943.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170313/20170313084425.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170314/20170314185152.jpg

歩き回っているとリアルに砂漠で遭難しました。

道も見失い途方に暮れていると、

偶然通りかかった砂漠の民(ベドウィン)が助けてくれました!

本当に感謝してもしきれません。

 お礼に、彼がすごく欲しがっていた、ぼくの愛用のミサンガをプレゼント。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170314/20170314185337.jpg

 

 

 

35. 夜のブルーモスク(トルコ)    

→行った時の記事へ

トルコの古都・イスタンブールにあるブルーモスク。

(正式名称:スルタンアフメットジャーミィ)。

トルコで広く信仰されているイスラム教の宗教施設である、巨大なモスクです。

昼も美しいですが、ライトアップされた夜の美しさはこの世のものとは思えません。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170312/20170312063043.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170309/20170309033651.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170309/20170309033656.jpg

 

 

 

36. グランドバザール(トルコ)

→行った時の記事へ

ブルーモスクに続き、このグランドバザールも

トルコの古都・イスタンブールにあります。

このバザール(市場)はおよそ600年前に建てられ、
それ以来ずっとヨーロッパとアジアの交点にある市場として栄え続けています。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170309/20170309120628.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170309/20170309120739.jpg立ち並ぶ店の数は4400軒とも言われ、
あまりの広さに、同じ場所に戻ってくることは不可能です。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170309/20170309101759.jpg

 

 

 

37. イスタンブール(トルコ)

→行った時の記事へ

美しいイスタンブールの街並み。

ただ美しいだけではなく、あるスゴい特徴があります。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170309/20170309123927.jpg

 その特徴をバッチリ捉えた、イスタンブールイスタンブールたらしめる風景がこれ。

世界で唯一、「ヨーロッパとアジアの架け橋」と呼ばれる理由がここにあります。

写真の手前がヨーロッパ、そして海を挟んだ向こうがアジアです。

その間に横たわるのはかの有名なボスポラス海峡

幅は最も狭いところでたった700m。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170309/20170309101336.jpg

イスタンブールの街は、真ん中の海峡を挟んで、

ヨーロッパ側とアジア側の双方に広がっています。

 

 

 

38. カッパドキア(トルコ)     

→行った時の記事へ

奇岩広がる絶景として名高い、トルコの世界遺産カッパドキア

カッパドキアと言っても全体で50km×50kmぐらいの範囲に広がっており、

ものすごく広大です。

有名なのはやはり気球から眺める景色。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170312/20170312045539.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170310/20170310170027.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170310/20170310163309.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170310/20170310165510.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170312/20170312045820.jpg夜は奇岩をくり抜いた洞窟ホテルに宿泊可能。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170312/20170312050526.jpg

 

 

 

 

 

 

<東南アジア(10ヶ国,14箇所)>

世界一周の中でも特にぼくが恋してしまったのが東南アジア。

あまりにも好きすぎて、そのほぼ全てを旅してしまいました。笑

 

 

39. バガンの朝焼け(ミャンマー

→行った時の記事へ 

ぼくが東南アジアで最も感動した絶景は、間違いなくミャンマーバガンです!

40平方キロメートルの広大な平原に、大小3000以上の仏塔が建ち並ぶバガン
地平線の果てまで続く荒野に仏塔だけが建ち並び、

他の人工物が一切無いこの景色は、

おそらく仏塔が建てられた1000年前から全く変わっていないのでしょう。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170301/20170301103642.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170301/20170301103620.jpg

 

 

 

40. インレー湖周辺(ミャンマー

 →行った時の記事へ

ミャンマーのインレー湖は東南アジアの他の国ほど観光開発されていないことや、

そこに住む人々の民族性もあり、

目が合えば知らない人でも「ミンガラバー(こんにちは)」と声を掛けてくれる、

そんな居心地の良さが最高でした。

決して豊かではないけれど、そこに暮らしている人みんなが笑顔に溢れていて幸せそうな素晴らしい場所でした。

ああ、ここに住みたい。笑

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170303/20170303081410.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170303/20170303081340.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170303/20170303081655.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170303/20170303081712.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170303/20170303082243.jpg

 

 

 

41. ピーピー・レー島(タイ)

→行った時の記事へ

タイ南部、プーケットから船で片道3時間のピピ島

レオナルドディカプリオ主演の映画「ザ・ビーチ」の舞台となったこの島。

この秘境感と海の美しさ、本当におすすめです。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170202/20170202162655.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170202/20170202163353.jpg

 

 

 

42. タラート・ロットファイ・ラチャダー市場(タイ)

→行った時の記事へ

タイの首都バンコクで最近人気急上昇中のナイトマーケット。

人気の秘訣は上から眺めた景色にあります。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180406/20180406032258.jpg

 

 

 

43. プレアヴィヒアから眺める地平線(カンボジア)    

→行った時の記事へ

世界遺産に指定されている寺院・プレアヴィヒアから眺める地平線。

見渡す限りの熱帯雨林。まさに絶景です。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170202/20170202044851.jpg

 

 

 

44. コー・ケー(カンボジア)    

→行った時の記事へ

カンボジアの密林の中に突然姿を現す巨大なピラミッド。

その立ち姿はまさに圧巻。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170428/20170428134131.jpg

ピラミッドの他にも魅力的な遺跡がいくつもあります。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170428/20170428134954.jpg

 

 

 

45. イジェン火山(インドネシア

→行った時の記事へ

イジェン火山は現在噴火中の巨大活火山で、

日本ならば火口に降りるどころか登山することさえ許されない危険な山です。

数十年周期で巨大な噴火を起こしており、

そのたびに数百人が犠牲となっていて、いつ噴火してもおかしくない状態です。
火口の底からは純粋な硫黄が大量に噴出しており、そのため燃焼温度が高くなり夜には炎が青く見えます。

 世界で唯一、ここでしか見られない絶景として一部で有名になっています。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170216/20170216003838.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170216/20170216003850.jpgガスマスクを装着して火口の中へと下ります。https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170216/20170216003721.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170216/20170216003819.jpg

火口から拾ってきた硫黄を運ぶ現地の男性。

 

 

 

46. ボロブドゥールの朝焼け(インドネシア) 

→行った時の記事へ

カンボジアアンコールワットミャンマーバガンと並んで

世界三大仏教遺跡に数えられるインドネシアのボロブドゥール。

その朝焼けはまさに絶景。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170215/20170215224408.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170215/20170215224438.jpg

 

 

 

47. キナバル山(マレーシア)

→行った時の記事へ 

太平洋に浮かぶボルネオ島マレーシア領にある

東南アジア最高峰がキナバル山(4095m)。

岩盤に覆われたその姿はとても美しい。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170529/20170529224215.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170529/20170529224746.jpg

 

 

 

48. ルアンパバーンの街並み(ラオス   

→行った時の記事へ

街全体が世界遺産に指定されているラオスの古都ルアンパバーン

小さな街ですが、本当に静かで美しい街。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180201/20180201184713.jpgプーシーの丘から街を一望。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180201/20180201190827.jpg朝の托鉢。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180201/20180201185105.jpg裏通りで行われる朝市。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180201/20180201184803.jpgそして日が暮れると始まるのがナイトマーケット。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180201/20180201184855.jpg

 

 

 

49. ホイアンの街並み(ベトナム) 

→行った時の記事へ

ランタンの街・ホイアン

夜になると街じゅうに飾り付けられたランタンが輝き始める。

その光景は説明する必要もない絶景。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170606/20170606023822.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170606/20170606023744.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170606/20170606023457.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170606/20170606023532.jpg

 

 

 

50. ハロン湾ベトナム  

海上に並ぶ無数の巨大な奇岩。

ここは、世界遺産にも指定されているベトナム景勝地・「ハロン湾」。

その姿が中国の景勝地「桂林」に似ていることから、「海の桂林」とも呼ばれ、

船に乗って奇岩の間を巡るクルーズが人気。

クルーズの合間には、カヌーを借りて冒険することも可能!!

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180201/20180201191727.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180201/20180201191804.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180201/20180201191645.jpg

 

 

 

51. マリーナベイサンズ(シンガポール

→行った時の記事へ

マリーナベイサンズとは、シンガポールにある、

屋上に巨大なプールのあるあの超有名なホテルです!

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170207/20170207010447.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170207/20170207164457.jpgホテルの窓からの景色がこれ。未来都市かな?笑

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170207/20170207010846.jpg有名な屋上のインフィニティプール。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170207/20170207010804.jpg

 

 

 

52. ボラカイ島(フィリピン)

→行った時の記事へ

「世界で最も美しいホワイトビーチがある」と言われるフィリピン・ボラカイ島。 

これまで世界中のあらゆるビーチリゾートを訪れましたが、

ここよりも砂の白いビーチを見たことがありません。

 どれぐらい白いかというと、砂が白すぎてあまりの眩しさに

サングラス無しでは目を開けることができません。本当に。笑

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170213/20170213013611.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170213/20170213194803.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170213/20170213014124.jpg

 

 

 

 

<南アジア(2ヶ国, 2箇所)>

 東南アジアとは気候も文化も大きく異なる南アジア。

その中でもハネムーン先として名高いモルディブは絶景の宝庫でした。

 

 

53. ジンベエザメと泳げる海(モルディブ

→行った時の記事へ

透明度が非常に高く、大小さまざまな生き物の住むモルディブの海。

その中でも最も驚いたのは、ジンベエザメとの遭遇でした。

一緒に並んで泳ぎましたが、めちゃくちゃでかかった!!

f:id:nexus17xxx:20180416192748p:image

f:id:nexus17xxx:20180416191330p:image

f:id:nexus17xxx:20180415022546p:imageウミガメにも遭遇。

f:id:nexus17xxx:20180417093055p:imageイソギンチャクと共生するクマノミ

 

 

 

54. エメラルドグリーンの海(モルディブ

→行った時の記事へ 

説明不要の絶景。

まさに楽園でした。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180415/20180415025035.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180417/20180417092828.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180416/20180416191900.jpg

 

 

 

 

55. シーギリヤ・ロック(スリランカ

→行った時の記事へ 

切り立った岩山の上に建つ世界遺産の遺跡。

シーギリヤ・ロックの歴史は古く、5世紀まで遡ります。 

実父を監禁して王位を剥奪し、弟をインドへと追放した

狂気の王・カーシャパが、

このシーギリヤの切り立った岩山の上に宮殿を建造したそう。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180407/20180407232151.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180407/20180407231834.jpg 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180407/20180407232125.jpg 王が使っていた頂上のプールからの眺め。

 

 

 

 

<東アジア(5ヶ国,9箇所)>

 

 

56. 万里の長城(中国・北京)    

→行った時の記事へ 

全長2万キロ以上とも言われる万里の長城は、

中国の北側、現在のモンゴルに住む騎馬民族による侵攻を防ぐために建造されました。

今回訪れた万里の長城の一部である八達嶺長城、標高1000m以上に位置します。

そのため、訪れた時期(12月末)ではめっちゃくちゃ寒い。

気温マイナス10度を下回っていました。

寒いというよりもはや痛い。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180218/20180218021135.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180218/20180218021348.jpg

山の稜線に沿って築かれており、傾斜が非常に急なので

普通に立っているだけでこんなトリック写真も撮れます。笑

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180218/20180218021251.jpg

 

 

 

57. 北京の街並み(中国)    

→行った時の記事へ 

大気汚染で灰色に霞んだ空、そして灰色の殺風景な屋根がどこまでも続く光景…

世界を見渡しても、これほど色彩の乏しい街は他にありません。

上海みたいに発展しているのもいいですが、
やはりこういった昔の中国のままの景色が見られると嬉しくなってしまいます。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180217/20180217214520.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180217/20180217214555.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180217/20180217214715.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180217/20180217214921.jpg

 

 

 

58. 故宮(中国・北京)    

→行った時の記事へ 

かつての名を「紫禁城」と言う故宮

広大な中華帝国の中心となったこの空間はそのまま現在は故宮博物院となっています。

とにかく広大でした。

隅から隅まで歩くには丸1日はかかりそう。

絢爛豪華で巨大な建物が何百も建ち並んでいます。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180217/20180217215401.jpg故宮の北には景山公園という公園があり、

そこにある小高い丘からは故宮を一望することができます。

本当なら絶景が見えるはずなんですが・・・

PM2.5のせいで何も見えません。笑

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180217/20180217215622.jpg

 

 

 

 

 

59. 天安門広場(中国・北京) 

→行った時の記事へ 

天安門広場

有名な天安門事件の起きた場所で、中国のまさに中心となっている場所です。

掲げられているのは毛沢東肖像画

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180217/20180217215034.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180217/20180217215210.jpg

 

 

 

60. 上海の夜景(中国)

→行った時の記事へ 

奇抜な形のビルがたくさん建ち並ぶ中国・上海の夜景。

川を挟んで対岸から眺める景色は圧巻。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180217/20180217172954.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20180217/20180217172827.jpg

 

 

 

61. 香港の夜景(香港)

→行った時の記事へ 

イタリアのナポリ、日本の函館と並んで世界三大夜景の1つにも数えられる香港の夜景。

個人的には、香港が世界ナンバー1夜景だと思っています。

下の2つの場所から眺める夜景が有名。

どちらも甲乙つけがたい素晴らしい景色です。

f:id:nexus17xxx:20180630152628j:imageヴィクトリア・ピークと呼ばれる山頂からの夜景。

まるで宝石をぶちまけたような景色。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170207/20170207175719.jpg九龍側のプロムナードから眺める夜景。

水面に反射して倍美しいです。

 

 

 

62. ザ・ベネチアン・マカオの夜景(マカオ

→行った時の記事へ 

アメリカのラスベガスを抜き、世界一のカジノの街となったのがマカオ

そのマカオにある世界ナンバーワンカジノが、

ザ・ベネチアン・マカオ

売上も面積も世界一、規模はもはや桁違い。

夜になるとギラギラと輝いて、夢を見せてくれます。笑

f:id:nexus17xxx:20180630152705j:image
f:id:nexus17xxx:20180630152701j:image

 

 

 

63. ランタン祭り(台湾・十份)

 →行った時の記事へ 

それぞれの願い事をランタンに書いて空に飛ばす、

台湾・十扮のランタン祭り。

一斉にランタンが空へと放たれる瞬間は絶景でした。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170207/20170207171106.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170207/20170207170957.jpg