旅バカ医大生、絶景求めて世界一周。

バカで無謀な大学生が、バックパッカーとして世界一周を目指すブログ。現在41ヶ国訪問!ついでに野宿で自転車日本一周もしてます。ときどき登山も。

世界一周148日目 ペルー(49) 〜世界遺産の街クスコでインカマッサージ!〜





朝起きたのは7時。

場所はマチュピチュ遺跡の麓にあるマチュピチュ村の安宿。




3日間滞在したこの村とも今日でお別れ。

8時半にペルーレイル(鉄道)のマチュピチュ駅に向かいます。






片道60USD(高すぎ!!!笑)の料金を支払って、

2時間かけてオリャンタイタンボ駅に戻ります。





車窓の景色は圧巻の一言。





そしてオリャンタイタンボ駅に到着。


次はコレクティーボ(乗り合いタクシー)に乗って、

クスコの街を目指します。





未舗装の悪路をかっ飛ばすこと2時間。

料金は10ソル(約300円)。




世界遺産・クスコの街に到着!

インカ帝国の首都となっていた街です。



宿にチェックインして荷物を降ろし、街をぶらぶら。





今日の宿はなんと小学校の中にありました。笑


見つけるのに手間取って、

あたりをぐるぐる歩き回ってやっと発見。




小学校の校門をくぐって……





校舎の中を抜けて…





やっと到着。笑





小腹がすいたので、宿の目の前にあった

うどん屋さんで腹ごしらえ。




久しぶりの日本食にテンション上がりまくり!!





めんつゆの代わりに、餡のようなものにつけて食べる

冷やしうどんでしたが、味は抜群!





食後はクスコの街をぶらぶら。




インカ帝国の首都だっただけあり、

街を形作る石組みは素晴らしいクオリティ。




まさにカミソリの刃1枚通しません。





有名な12角の石。




石組みを作るだけならば四角形の石で十分事足りるのですが、

あえて難易度の高すぎる12角に挑戦し、

それを見事に成し遂げたインカの技術力が垣間見えます。







クスコの街の中心にあるアルマス広場。




アルマス広場に建つカテドラル。





マクドナルドも街の景観に配慮した外観になっています。

日本の京都みたい。





おみやげを買いつつ街をぶらぶら。




クスコは本当に居心地のいい街です。

いったん宿に帰ってから外に出かけると、

もうあたりは真っ暗。






夜のクスコもまた違った雰囲気で美しいです。




アルマス広場もオレンジ色に照らされています。






街の中心にあるアルマス広場は、

旅行会社やレストランなど多くの客引きで溢れています。



その中でも特に多いのが、マッサージの客引き。



温めた石やオイルを使ったインカマッサージが売りで、

相場は1時間の全身マッサージで30〜50ソル(約1000〜1500円)ほど。






ぼくは旅先でおばちゃんにマッサージをしてもらうのが好きなので、

行ってみることにしました。






結果は、最高でした。

おばちゃんマッサージうますぎ。



あしたもこの街に居たならば、確実にまた行ってます。笑

クスコに滞在するのは今日が最終日なのが残念。





マッサージで疲れをとったあとは、

土産物屋をぶらぶら。






夕食にはペルー料理を。



ペルー名物のセビーチェ。





そしてクスコのビール。

比較的薄味です。






あしたからはいよいよこの南米旅最後の目的地、

アマゾン川のほとりの街・イキトス 。


憧れのアマゾン川に実際に行けるなんて、

考えるだけでワクワクします。





それではおやすみなさい。