旅バカ医大生、絶景求めて世界一周。

バカで無謀な大学生が、バックパッカーとして世界一周を目指すブログ。現在41ヶ国訪問!ついでに野宿で自転車日本一周もしてます。ときどき登山も。

世界一周143日目 ボリビア(48) 〜人生で最も高い宿、標高5200mで眠る(ワイナポトシ登山2日目)〜





朝起きたのは8時。



場所はボリビアの首都ラパスの郊外にある山、

ワイナポトシ(Huaina Potosi)山のベースキャンプ。


標高は約4700m。





昨日は1日かけて、

アイゼンとピッケルの使い方の訓練や、

氷壁登りの練習をしました。






疲れ果てて21時に寝たので、なんと11時間睡眠。


ただ、標高4700mで寝てもあまり疲れはとれません。笑






8時半から朝食。




朝食のあとは荷物をまとめたり準備をしたり。




今日の目的地は、

山頂アタックの最終拠点となるハイキャンプ。

標高はなんと5200m

酸素濃度は平地の約半分。





昨年の夏に登ったアフリカ大陸最高峰キリマンジャロ山(5895m)でも、

最終キャンプの標高は約4670m。




つまり今夜は、未知の標高での宿泊となります。





睡眠中は呼吸が浅くなるため、

登山において睡眠中は高山病になるリスクが

非常に高いです。





そんなこんなで10時にベースキャンプを出発。





バックパックの中には

プラスチックブーツ、アイゼン、ピッケル

ヘルメット、ハーネス、ウェアなどを詰め込んでいるので、

めちゃくちゃ重いです。




酸素が薄いのと荷物が重すぎるのも相まって、

立っているだけで息が上がるほど。





一歩一歩足を進めつつ、出発から約1時間後、

標高4965mの休憩所に到着。



風が強いので石を積んで作られています。



ここで入山料を徴収されます。

1人20ボリ(約320円)。安い。




15分ほど、水を飲んだりして体を休めてから再出発。





すぐに標高は約5000mを越え、

あたりには残雪が広がります。





そしてベースキャンプを出発してから約2時間半。

今夜の宿であるハイキャンプ(標高約5200m)に到着。



重かったバックパックを下ろし、

さっそくランチタイム。






ランチはリャマの肉と米、そしてイモを煮たもの。

腹が減ったので一瞬で完食。




そして、今日の深夜からの山頂アタックに備えて、

日本から持ってきた缶詰を食べて気合を入れます。





夕食は17時半、就寝は18時、

起床は0時、山頂アタック出発は1時とのこと。


ハイキャンプから山頂までの所要時間は

およそ5時間半〜6時間だそう。





疲れているので夕食まで寝たいところですが、

ここで寝ると高山病になる可能性が高くなります。




寝袋でゴロゴロして体を休めつつ、

目を覚ましたまま時間を潰します。





夕方ごろ、雲の切れ間から山頂方向が見えました。



雪を被り神々しく輝く頂は、

あまりにも遠く見えます。



ガイドによると、本当の山頂は

あの奥に隠れておりここから見ることはできないとのこと。





ハイキャンプ(5200m)から山頂(6088m)までの標高差は約900m。



日が昇ると雪が緩んで危険になるため、

雪と氷河に閉ざされたこの道を、

出発の1時から日の出の6時半までに登り切らなければいけません。




無事に行けるのか。

不安とワクワクが押し寄せてきます。




そうこうするうちに夕食となりました。



遅れてハイキャンプに到着したフランス人4人と食卓を囲みます。

1時間ほど喋ったあと、19時に就寝。





5時間後には起床して、装備を整えて山頂アタックです。


それではおやすみなさい。