旅バカ医大生、絶景求めて世界一周。

バカで無謀な大学生が、バックパッカーとして世界一周を目指すブログ。現在41ヶ国訪問!ついでに野宿で自転車日本一周もしてます。ときどき登山も。

世界一周138日目前編 ボリビア(48) 〜「天空の鏡」ウユニ塩湖〜





朝起きたのは5時50分。

相部屋のブラジル人の雄叫びで目が覚めました。



場所はウユニ塩湖のほとりの街、

ウユニにある安宿。






夜中に宿を抜け出して、

ウユニ塩湖の星空ツアーに参加していたので、

2時間半ぐらいしか眠れませんでした。






眠たい目をこすって出発の準備を済ませ、

車に乗り込みます。




今日は、

チリのアタカマ砂漠からボリビアのウユニ塩湖まで

やってきた「宝石の道」ツアーの最終日(3日目)。





まずはウユニ塩湖に向かって、

鏡張りの朝焼けを見る予定です。






車の中ではもちろん爆睡。


そして街を出て1時間後、

塩湖の中の鏡張りが見られる場所に到着。





ぼくの下手な説明なんかよりも、

実際に見てもらったほうが遥かにいいと思うので、

ウユニ塩湖に日が昇る様子を時間順に写真でどうぞ。






言葉を失うほどの絶景でした。




無風で波のない水面に映る、

完璧な朝焼けの風景。



視界には2つの太陽が。







そして、日が昇ってからは、

青空のもとで鏡張りを堪能しました。





標高3660mと、

富士山頂(標高3776m)とほぼ同じ高さに位置するウユニ塩湖。




このことから、「天空の鏡」とも呼ばれています。






そのあとは、

湖の中にある塩でできたホテルへ。





このホテルで朝食を食べます。


柱もテーブルも椅子も、全て塩でできています。








ホテルの外には各国の国旗が。






そして再び湖の鏡張りが見られる場所へ移動。

快晴の青空のもと、鏡張りを堪能。



空と水面との境目がもはや分かりません。






ばかばかしいポーズも全て鏡張り。






雲が少し出ているのも、

それはそれで美しいです。






塩湖なので、水底には塩の結晶がぎっしり。







鏡張りを堪能したあとは、湖岸の小さな村へ。

土産物屋がたくさん軒を連ねています。





みんなアンデスの民族衣装を着ています。

ぼくの大好きな雰囲気。






そして、ウユニの街に戻り昼食を食べて、

2泊3日の「宝石の道」ツアーは終了。



ぼくたちは今日の宿に向かいチェックインします。





時刻は14時半。


天気予報によるとあしたからは天気が荒れるそう。






なので、

いまからこのままウユニ塩湖の夕焼け&星空ツアーに

参加することにします。





今日1日でもはや3回目のウユニ塩湖。



でも、それほどに、

雨季の晴れたウユニ塩湖は貴重。

(雨季じゃないと鏡張りが見られないんです)



続きは世界一周138日目後編で。