旅バカ医大生、絶景求めて世界一周。

バカで無謀な大学生が、バックパッカーとして世界一周を目指すブログ。現在41ヶ国訪問!ついでに野宿で自転車日本一周もしてます。ときどき登山も。

世界一周134日目 チリ(47) 〜アタカマ砂漠の月の谷は異世界だった〜




朝起きたのは4時。

場所はチリの首都・サンティアゴの宿。




Uberで呼んだタクシーに乗って空港へ向かいます。

今日の目的地は、チリ北部のアタカマ砂漠





サンティアゴを離陸した飛行機は2時間後、

アタカマ砂漠最大の都市・カラマに到着しました。






標高は2500m。

富士山の5合目と同じぐらいの高さです。







カラマからさらにバスに揺られること1時間半。




ついに、アタカマ砂漠の観光の拠点、

サン・ペドロ・デ・アタカマの街に到着しました!







時刻は11時。



砂漠の太陽が容赦なく照りつけます。





ここ、サン・ペドロ・デ・アタカマの街は、

多くの建物が日干しレンガで作られています。





まずは、あさってから参加する予定の、

アタカマ砂漠を通ってウユニ塩湖へ抜けるツアーを予約。




この道は「宝石の道」と呼ばれ、

標高はなんと4000〜5000m。



砂漠の中を貫く未舗装路をひたすら

トヨタランドクルーザーで走り抜けるというツアーです。






JANAJ PACHAというツアー会社で、

2泊3日で100000ペソ(約16000円)。



移動、ガイド、食事、宿等全て含んでこの値段。

相場よりもかなり安いです。







続いて、今日の夕方からやることがないので、

同じ会社で15時発のツアーを予約。






ツアーも無事に確保できたので、昼食を。

オムレツとホットドッグ。





この巨大なホットドッグが1400ペソ(約250円)。





チリに入国する前にいたアルゼンチンとウルグアイ

物価がめっちゃ高かったので、

チリの物価の安さが身にしみます。






昼食を食べ終わったのは13時。

月の谷ツアーは15時から。




それまで暇なので街をぶらぶら。






アタカマ砂漠で発見された隕石を展示する隕石博物館。




隕石に触れたり、

おみやげに隕石を購入することもできます。



高かったので買いませんでしたが。笑





そうこうするうちに、15時になったので、

月の谷ツアーに出発。




「月の谷」という名称の由来は、

この谷の地形がまるで他の惑星、例えば月の表面のように見えるからだそう。




月の谷ツアーでめぐった場所の写真を貼っていきます。







ツアーは最後に高台から夕焼けを眺めて終了。





街に着くと時刻はもう21時。


昼食を食べたのと同じレストランで夕食を済ませ、

宿へと戻ります。




途中に見えた星空。





街灯の明るい街中からでこの星空。



実はアタカマ砂漠

世界で最も星空の美しい場所として知られています。




その理由は、

まずは標高の高さ。低いところでも2500mを超えます。



そして、晴天率の高さ。

世界で最も乾燥した場所として知られるアタカマ砂漠



中には40年間1滴も雨の降っていない場所もあるそう。





だから毎晩快晴なので満点の星空を見ることができます。




他にも理由は複数ありますが、

その結果、世界各国の展望台が、

ここアタカマ砂漠に集結しています。






あしたは、街中を離れて郊外に星空を見に行こうかな、

と思います。



それではまたあした、おやすみなさい。