旅バカ医大生、絶景求めて世界一周。

バカで無謀な大学生が、バックパッカーとして世界一周を目指すブログ。現在41ヶ国訪問!ついでに野宿で自転車日本一周もしてます。ときどき登山も。

世界一周133日目 チリ(47) 〜世界一サーモンの旨い街・サンティアゴ〜




朝、目が覚めると8時。

場所は、アルゼンチンの首都・ブエノスアイレスの郊外にあるエセイサ国際空港。




エセイサ国際空港にはなんと、

空港野宿専用のスペースがありました!笑




世界中の色んな空港に行きましたが、

こんなのは初めて。




この空港に到着したのは昨夜の23時、

出発するのは今朝の10時。




つまり、ありがたく野宿させていただきました。笑







そして、アルゼンチンを離れ、

隣国のチリの首都・サンティアゴに向かう飛行機に乗ります。




アルゼンチンからチリに向かうということは、

標高6000mを越えるアンデス山脈の上を通過する必要があります。




途中、飛行機の窓からは、

雪や氷河を冠したアンデス山脈の山々が綺麗に見えました。






そして12時過ぎに世界一周47ヶ国目、

チリの首都サンティアゴに到着!





市街地まで向かうバスに揺られること30分。



終点のバスターミナルで下車、




接続している地下鉄に乗って、本日の宿へ。






今日の宿は、

サンティアゴのど真ん中、中心となっている、

「アルマス広場」に面する一等地。




でもお値段が安いということは……




部屋は汚めでした。笑






チェックインして部屋に荷物を置き、

街歩きに出かけます。





まず向かったのは、中央市場。


海産物を中心に、あらゆるものを取り扱っている市場です。






ここの目玉は、なんといってもウニ


新鮮なウニを破格の値段で食べることができます。






たまーに来る日本人のために、

わさびと醤油まで準備されています。



どちらも中国産のパチモンで、

変な味がしましたが。笑






客引きに任せて一軒のレストランへ。





そして出てきたウニがこちら。

皿いっぱいにウニが入っています。




こんなに食えへんわ!という量。笑

みんなで腹いっぱいになるまで食べて完食。




お味は……


んー、生臭くて、日本でいうやっすーいウニの味がします。


でも、この値段なら大満足。







中央市場を出て、

次は川の対岸にあるベガ市場へ。



さっきの中央市場は海産物中心、

ここはフルーツ中心の品揃えです。




市場じゅうに色鮮やかなフルーツが並びます。





その中に………ありました!!


ぼくの大好物のイチゴ!





実はイチゴが大好きなので、

世界中でイチゴを見つけるたびに食べているんです。笑





これまで旅した46ヶ国の中での暫定1位は、

ヨーロッパのギリシャ



日本と同じレベルに美味くて、なんと1kg500円。

1日で2kgも食べてしまいました。笑





さて、チリの実力は如何に。




見た目は綺麗です。


お値段は1kg160円と、ギリシャの3分の1、

日本と比べると10分の1程度です。





お味は……?



うんめえええええええ!!!!


これは1位が入れ替わった瞬間!

日本と同じレベルの味、お値段は10分の1。




チリ、最高やあああ!!






大満足の中、宿への帰路につきます。





宿のベランダからアルマス広場を眺めます。





日差しに包まれてネコも気持ちよさそう。





南米に来て2週間、

そろそろ日本食が恋しくなってきたので、

日本人が経営するという日本食レストランへ。




金太郎ラーメンという名前、

店内は現地の人達で超満員。





そしてラーメンの味は最高!!!


日本でも店出して繁盛するレベルですわ、これは!






そして、ぼくがチリで最も楽しみにしていたものを注文します。



そう、それは……





サーモンの刺身



日本で食べられているサーモンの、

実に7割はチリ産。



残りはノルウェー産などです。




ということは、裏を返せば、

チリでサーモンを食えば日本より遥かに美味いはず




サーモンを生食する文化がないチリですが、

日本食料理店なら刺身があるはず。





と考えてやってきたこの店。

見事に予想的中、サーモンを発見。





注文してやってきたのがこれ。


脂がプリップリに乗っています。





あかん、よだれが止まらん……







お味は……?






うおおおおおあうんめえええええええ!!!!!!


これは間違いなく世界一!


うますぎる!!





日本のどんな高級店のサーモンも、

新鮮さではこいつに遠くかないません。





大満足のまま宿への帰路につきます。





宿のベランダから眺める夜のアルマス広場。





サンティアゴはこれといった観光地はありませんが、

居心地がよくて大好きになりました。




あしたは朝4時に起きて空港に向かい、

チリ北部のアタカマ砂漠を目指す予定です。




それではおやすみなさい。