旅バカ医大生、絶景求めて世界一周。

バカで無謀な大学生が、バックパッカーとして世界一周を目指すブログ。現在41ヶ国訪問!ついでに野宿で自転車日本一周もしてます。ときどき登山も。

世界一周125日目前編 パラグアイ(44) 〜未知の国・パラグアイへ徒歩入国!〜






世界一周125日目は盛りだくさんすぎたので、

前編と後編の2つに分けました。


まずは前編。




昨夜のお宿は夜行バス。

21時にクリチバ の街を出発し、9時間の道のりです。






途中、深夜1時ごろにドライバーの休憩のために、

SAのような深夜営業レストランに立ち寄ります。



他にも各地から来た夜行バスがたくさん停まっています。







エアコンバスと書いていたのに蒸し風呂のような暑さ。笑


そして朝6時半、汗でベトベトになりながら、

イグアスの滝の最寄の街・「フォス・ド・イグアス」に到着しました。






ここイグアスは、ブラジルとアルゼンチン、パラグアイ3ヶ国の国境となっています。



今日はそのうちのブラジル側の街に宿泊し、

ブラジル側からイグアスの滝を見て、

日帰りでパラグアイに遊びに行く予定。



ややこしい。笑







ひとまず旧市街(セントロ)にある宿にバックパックを預け、

貴重品だけ身につけて出発!




やってきたバスに適当に乗り込みます。






バスターミナルらしき場所に到着。






今日の目的地はイグアスの滝パラグアイ



ターミナルにいたおばちゃんに聞くと、

両方ともここからバスが出るよ!と教えてくれました。



ブラジルの人ってほんとにみんな優しい。





まずはパラグアイへ向かうことに。


国境までは約15分。

ブラジル側の出国手続きを済ませます。





これがブラジルとパラグアイの国境に架かる、

「友情の橋」です。



この橋の上はどちらの国の領土でもない緩衝地帯。


歩いて渡ります。





橋からの眺め。




左側がパラグアイ、右側がブラジルです。


まさに熱帯、といった雰囲気の大河。






そして44ヶ国目・パラグアイに入国!!


パラグアイの国境の街はシウダー・デル・エステという名前。







治安は悪く、15時を過ぎると店が全て閉まり、

街を歩くことはできません。


電化製品が安いため、ブラジルやアルゼンチンなどの隣国から

買い付けにやってくる人で溢れかえっています。






歩く人間を品定めするようなギロついた目をした人がたくさんいます。


アフリカの治安が悪い街とよく似た空気。




この街は両替レートがめちゃくちゃ良いことでも有名。


ブラジルのレアルと、

次に訪れるアルゼンチンのペソを多めに両替しておきました。




この街の名前はシウダー・デル・エステ


「ショッピング・デル・エステ」という親父ギャグのような名前の建物に入りました。








街並みには似つかない、綺麗なフードコートを発見。






陽気なおじさんに、ブラジル名物シュラスコを作ってもらいました。





トルコのケバブに似た、回転する棒に肉を巻きつけたものを切り落とします。






パンのような生地で包み、

野菜を挟んで完成。





お味は……?

うんめえええええ!!!!!!



これは間違いなくこの旅1番の美味さ





腹が減ったのでパスタも食べました。





んー、最高!!





帰りも再び、「友情の橋」を歩いて渡ってブラジル側へ。





橋からの眺め。




左側がブラジル、右側がパラグアイです。





ブラジル側に入国してからバスをつかまえ、

再びターミナルへ戻ります。





次はブラジル側イグアスの滝へ向かいます。

続きは世界一周125日目後編で。