旅バカ医学生、絶景求めて世界一周。

旅好き・アウトドア好きな大学生が、バックパッカー世界一周&自転車日本一周の旅行記を綴ります。旅の持ち物やアドバイスの記事も随時書いていきます!

世界一周115.116.117日目 カタール(41) 〜気温44℃、「世界で最も裕福な国」を歩く〜

世界一周115日目
ヨハネスブルグ(南アフリカ)〜ドーハ(カタール)

世界一周116日目
ドーハ(カタール)〜香港

世界一周117日目
香港〜大阪(日本)





飛行機の遅延により、南アフリカヨハネスブルグを出発したのは、

定刻の約4時間後の深夜1時。


↑乗客でごった返す深夜の搭乗口。






そして約9時間のフライトを終えてカタールのドーハに到着したのは、

現地時間の午前11時。




カタールは入国にビザが必要。

そのビザ発行に必要なお金は約3000円



アフリカへの往路(7/30)でも、カタールで4時間のトランジットがあり、

そのときに入国するか迷いましたが、

4時間しかないことと、3000円かかることで諦めました。





それがなんと、8/9からビザが不要になったそう!!

いきなりすぎるやろ!笑



今回は(不運にも)16時間もトランジットがあるので、

迷うことなく入国。






カタール航空のカウンターで、飛行機が遅れて香港行きのフライトに乗れなかった旨を伝えると、

市内にホテルを手配してくれました。



なんと送迎付き。

黒塗りのベンツが迎えにきてくれました。





到着したホテルがこれ。



調べてみると1泊1万円は軽く越えています。


圧倒的場違い感。笑





アフリカの安宿ばっかり1ヶ月泊まっていたので、

突然の高級ホテルに、なんかそわそわしてしまいます。




6000円までなら食事代も出してくれるそう。



人生で初めて、電話で食事を注文して、

ボーイさんに部屋に持ってきてもらいます。




これが「貴族」ってやつですか……




そして届いたのが3000円のビーフバーガー。

お味は……?


マクドのほうが遥かにうまい。笑




庶民の舌には合わない、というやつなんでしょうか。






宿でじっとしているのも性に合わないので、街へ出ることに。





いざ、初体験・気温40度超えの世界へ。

外に出た瞬間、ものすごい熱気。


空気が熱すぎて、目が開けられません。

息をするたびにしんどい。



これは人間の住む世界ではないレベル。




宿の周りはこんな感じ。

恐るべし石油パワー。





カタールは、国民1人あたりGDPがなんと世界一。

学費、光熱費、医療費、所得税……

全部無料!!!!



とんでもないお金持ち国家です。





タクシーは高いので路線バスで街の中心へ。

空港で買った、路線バス乗り放題チケット1日20リエル(約600円)。





終点のバスターミナルは街のど真ん中。





少し歩くと、「スーク・ワキーフ」という巨大市場に到着。


「スーク」とはアラビア語で「市場」という意味。





同じイスラム圏ということもあり、

トルコのイスタンブールにあるグランドバザールによく似た雰囲気。





街中にはいたるところにカタールの国旗が。




そしてラクダまでいました。

溢れ出す砂漠感!笑





海を挟んだ対岸には、目覚ましく発展を続けるドーハの新市街が。


海を挟んだこの感じ、上海とか香港みたい。





砂漠ではやはり、「緑」と「水」が富の象徴。


広がる芝生。



噴水もありました。




そして時刻は日没。




再びバスに乗ってホテルへ戻ります。





ところでカタールの街中にはいたるところにこのおじさんの肖像画がありました。

誰なんやろ?





宿に帰ってシャワーを浴びて夕食。

空港に向かい、香港まで約10時間のフライト。




寝て映画見て寝て……

香港に着いたのは現地時間の16時半。



日本まではもうすぐ!

4時間のトランジットをベンチでごろごろして過ごし、

いよいよこの旅最後のフライト。




そして日本に到着したのは日付が変わって深夜2時過ぎ。

空港で野宿して時間を潰し、帰路につきました。



トップページに戻る