旅バカ医学生、絶景求めて世界一周。

旅好き・アウトドア好きな大学生が、バックパッカー世界一周&自転車日本一周の旅行記を綴ります。旅の持ち物やアドバイスの記事も随時書いていきます!

世界一周112日目 南アフリカ(30) 〜アフリカ40日旅の最後に見たのは最高の絶景だった!〜

世界一周112日目
ケープタウン(南アフリカ)






朝目が覚めたのは7時すぎ。

ただ結局いつも通りベッドでごろごろして、起きたのは8時。






宿の1階にある自炊用キッチンに行き、

近くのスーパーで数日前に買ったインスタント麺を茹でます。




塩胡椒でさらに味付け。




完成〜!!




なかなかに美味い!







食後皿を洗ってから、宿の卓球台で卓球。



結局宿を出発したのは9時すぎ。






今日はケープタウンの郊外にある「ハウト湾」へ向かいます。


オットセイが住んでおり、シーフードも美味い観光名所だそう。



ただ、ハウト湾へ向かうバスは30分後までありません。







仕方なくタクシーを探し乗り込みます。



「いくら?」と交渉しようとすると、

「このタクシーはメーター制だから安心しろ」とのこと。




ただ、以前上海を旅行していたときに、メーターに細工のしてあるタクシー(異常に早い速度でメーターが上がる)に

乗ってぼったくられた経験があるので、気をつけます。




そしてタクシーに乗り込んだものの、肝心のメーターがない。


すると運転手がダッシュボードの中から、取り外し式のメーターを出してきました。




これは怪しい。


気をつけてメーターを見ることに。






「ハウト湾まで150ランド(約1200円)でいける?」と聞くと、

「余裕だよ!」とのこと。


うさんくせぇ。





走り始めると、案の定メーターが有り得ない速度で回ります。


これは完全に細工がしてあるはず。





タクシードライバーを問い詰めるものの、

「メーター制だから」の一点張り。



Google Mapで現在地を調べると、まだハウト湾までの6分の1も来ていないのに、

すでに値段は100R。



150Rで行けるわけがない。





タクシードライバーにブチ切れ、停めさせて降ります。


すると、ドライバーは捨て台詞を吐きながら去って行きました。

危ない、ほんの少しの被害で済んでよかった。




あのままの調子でいけば、軽く700R(約6000円)は払わされていたはず。

100R(約800円)で済んだのは不幸中の幸い。



旅は経験を積めば積むほど役に立ちます、ほんとに。








タクシーを途中下車したのは、キャンプスベイというビーチ。

超高級リゾートが建ち並んでいます。





ビーチが広がっていますが、海は大荒れ。笑


バスが来るのは30分後、砂浜を歩き回ったりして時間を潰します。





そしてやってきたバスに乗り込み、ハウト湾へ。


終点で降りると、どうやら行きすぎてしまったよう。





この砂浜をずーーーっと向こうまで歩いていかないといけないみたい。


歩いて行きます。






すると、途中に川が出現。



これを渡るしかありません。



ただ、流れは思ったより速く、深さもあります。






ビーチに流れ着いていた流木をたくさん拾い集め、

積み重ねて対岸まで橋を架けます。



キャッキャワイワイしながら遊ぶおっさん3人。笑






そして橋が完成!



無事に渡ることができました!笑







そして到着したハウト湾。


ここから船に乗って、沖合に浮かぶドイカー島という島の周りを回るのが観光の目玉だそう。


この島にはオットセイが大量に住んでいるんだとか。




野生のオットセイなんて見たことないので楽しみ!






ですが、船は20人集まらないと出ないそう。

結局、毎日、朝9時45分の1便だけになるとか。



いまはもう12時すぎ。

仕方なく諦めます。






すると、港にオットセイを餌付けしているおじさんが!



チップを渡し、オットセイと戯れます。



どっちみち船に乗ってもドイカー島に上陸することはできないので、

むしろこっちのほうがよかったってことで!笑





そのあと、港をぶらぶらしてお土産を買ったりしつつ、

レストランへ。



新鮮なシーフードが食いたい!





このハウト湾の名物は、

イギリス料理のフィッシュアンドチップス!


とれたての白身魚を使っています。




そしてなんと、

ナミビアで飲んだ激ウマビール、「Windhoek」までありました!



昼過ぎからビールで乾杯!

最高!!





そしてこのフィッシュ!

めっっっっっちゃうまい!!





大満足のまま帰路につきます。

再びバスに揺られること50分。


宿に帰還。







疲れたのでしばらく部屋でごろごろ。



夕方5時になったので再び活動開始。

愛しのウォーターフロント(海沿いの商業地区)へ繰り出します。



ウォーターフロントは夕暮れ時。






でっかい駒でチェスをしたり。






みんな思い思いの時間を過ごしています。






そしてまたもやビールで乾杯。





こんやはサーロインステーキを肴に。




店内で生バンド演奏付きでサーロインステーキ300g約1000円。

しかもめっちゃうまい。



物価の安さ、ケープタウンほんま最高。







そして食後は、ケープタウンを見下ろす丘「シグナルヒル」へ。

ここは夜景が美しく見えることで有名。




ただ、少し治安が悪いそう。

タクシーで向かいます。





到着して見えた景色がこれ。







最高。





40日間にも渡るアフリカ旅もあしたで最後。

おそらくこれが最後の絶景になるでしょう。




大満足のまま宿へ。

あしたはいよいよ最終日。

朝起きて、名物のワインツアーに行く予定。


それではおやすみなさい!


トップページに戻る