旅バカ医学生、絶景求めて世界一周。

旅好き・アウトドア好きな大学生が、バックパッカー世界一周&自転車日本一周の旅行記を綴ります。旅の持ち物やアドバイスの記事も随時書いていきます!

世界一周109日目 南アフリカ(30) 〜旅もいよいよ終盤、アフリカ大陸最南端・喜望峰へ!〜

世界一周109日目
ケープタウン(南アフリカ)






朝起きたのは7時。

出かける準備を整え、8時に宿を出発。





まず向かうのは海沿いの商業地区・ウォーターフロント


どでかい商業施設がたくさん建ち並び、めっちゃ栄えています。






ここで今日参加するケープタウン郊外バスツアーを申し込み。

運良く空いていました!

よかった〜〜〜



丸一日のツアーで1人550R(約5000円)。







マクドで朝飯を食べつつ、ツアー出発の9時半まで時間を潰します。





そして9時半、やってきた2階建てバスに乗り込みいざ出発!





11時、最初に到着したのは「ボルダーズビーチ」。




この砂浜、なんとペンギンが住んでいるんです!


野生のペンギンを見るのは初めてなので大興奮!

ケープタウンにいるからケープペンギンという種類だそう。






いやー、それにしてもものすごい数。

これぜーーーーんぶペンギンです。




中には雛や、卵をあたためている母親もいました。





いやー、ペンギン最高。






ペンギンと戯れたあとは本日最大の目的地、

喜望峰」へと移動。






言わずと知れたアフリカ大陸最南端「喜望峰」。


この本当の先っぽ、通称「ケープポイント」には灯台が建っています。






向かって左がインド洋、右が大西洋。





この付近は強風が吹くため、遭難する船が多く、

当初は発見者のディアスによって「嵐の岬 Cape of storms」と名付けられたそう。



15〜16世紀のポルトガル国王が、ヴァスコ・ダ・ガマのインド航路発見を記念し、

ポルトガルに希望を与えるという意味で「喜望峰 Cape of good hope」と命名したといいます。







灯台から喜望峰(写真いちばん奥)を望むと、

綺麗な白砂のビーチが見えます。




うん、絶景。





切り立った崖がすごい。





この一帯、バブーンというヒヒの仲間がたくさんいます。


食べ物を持って歩いていると、

一瞬で襲われて奪われます。




以前にはバブーンに襲われた女性が2時間失神していた、とガイドが言っていました。


なかなかおそろしいやつ。






岬にはトカゲや珍しい花も。





そして灯台から歩くこと1時間、喜望峰に到着!

これがアフリカ大陸最南端の碑!







しばらく周囲を散策して、再びバスでケープタウンの街へと戻ります。



途中、車窓からエランドの姿が。

とにかくデカい。





ケープタウンに戻りウォーターフロントについたあとは、

なんと日本食レストランで乾杯!





平日なので他のレストランは全てガラガラでしたが、

この日本食レストランは行列ができる大人気でした。





板前さんも日本人。




そして2ヶ月ぶりの寿司!!!



お味は…?






うめええええええ!!!!

ふつうに日本で食う寿司と同じレベルにうまいです!!



ただ、外国人仕様なのでシャリが異様にデカい。笑

寿司1貫食べると口の中がいっぱいになるほど。



寿司とビールのコンボ。

あー、ケープタウン最高。






寿司でおなかいっぱいになったあとは2軒目にハシゴ!


ケープタウンと言えばなんといってもワイン!!




夜の港を眺めながらワインで乾杯!







この店でワインを飲んでいると、日本人大学生8人組と遭遇。

彼らは国際協力等をしているサークルの活動で南アフリカを訪れているそう。






このあと、彼らの宿にお邪魔して、

日付が変わるぐらいまでワインを飲みました。笑


写真は撮り忘れた。





そしてほろ酔い気分で宿に到着。

シャワーを浴びて爆睡。



あしたは昼11時のフライトで、この約40日のアフリカ旅最後の国、

記念すべき世界一周40ヶ国目のナミビアへ向かいます!



ではおやすみなさい!


トップページに戻る