旅バカ医学生、絶景求めて世界一周。

旅好き・アウトドア好きな大学生が、バックパッカー世界一周&自転車日本一周の旅行記を綴ります。旅の持ち物やアドバイスの記事も随時書いていきます!

世界一周107日目 ケニア(38)、南アフリカ(30) 〜1日で飛行機を4便乗り継ぎ、辿り着いた楽園・ケープタウン〜

世界一周107日目
ナイロビ(ケニア)〜リロングウェ(マラウィ)〜ブランタイア(マラウィ)〜ヨハネスブルグ(南アフリカ)〜ケープタウン(南アフリカ)





朝起きたのは3時半。

今日のフライトは朝6時15分ケニア・ナイロビ空港発。



そのために、宿のオーナーに頼んで朝4時にタクシーを手配しておきました。





宿のロビーにみんなで向かったのは3時55分。

4時を過ぎてもタクシードライバーは来ません。



でも時間にルーズなのはアフリカの日常。

一応寝ていた従業員を起こし、尋ねてみます。





しかし、「待っとけ」と言って起きてくれない従業員。

さらに10分待ってもタクシーは来ません。



すると、やっとのことでタクシードライバーに連絡をとってくれた従業員。

タクシードライバーは忘れて寝ていたとのこと。





飛行機の時間は迫っています。

ほんまにふざけんなよ〜笑



タクシードライバーが来たのは4時40分。

フライトの1時間半前です。



国際線なのにこれはしんどい。笑

しかも宿から空港まで車で20分はかかる距離。






なんとかタクシードライバーを急かし、飛行機に滑り込みました。


今日乗るのはマラウィ航空。

最初の目的地はマラウィの首都・リロングウェです。







2時間半後、リロングウェに到着。




リロングウェ空港にはあちらこちらに日の丸が。



どうやら日本政府が空港建設を支援しているそう。

働いている日本人技術者の方もいました。


こんな遠い国で本当にお疲れ様です。





アフリカを10カ国旅してきましたが、

本当にいたるところで日本からの支援品、施設がありました。



ぼくの知らないところで、凄いことをやってらっしゃる人がいるんですね、たくさん。

本当に尊敬です。






次の目的地、マラウィのブランタイアを経由し、

南アフリカヨハネスブルグに到着したのは昼の12時すぎ。





ここでは6時間のトランジット。


ケープタウンへ向かう国内線の出発まで、

ひたすら空港のフードコートで時間を潰します。




溜まっていたブログを書いたり、ネットサーフィンしたり、空港をブラブラしたり。






なんとか6時間潰し、次の飛行機に搭乗。

ケープタウンまでは約2時間。


現地時間の夜8時半に到着しました。






このケープタウン、「世界の住みたい街ランキングトップ10」の常連。



イギリスが貿易の拠点として開発した経緯から、

アフリカにありながら、ヨーロッパのような街並みが並んでいます。



ただ、こんな夜に到着してもさすがにすることはありません。笑






空港から市内までは約22km、車で約25分。

市内への最終バス(9時半発)に乗り込みます。




ケープタウンの公共交通機関にはなんとICカードが存在します。

ゲートは非接触型の自動改札機。






バスの駅はこんなに綺麗。




バスの車内もすごい。


こんなのぼくの知ってるアフリカじゃない。笑





市内の中心部、シビックセンターがこのバスの終点。

到着したのは夜10時。





今夜ケープタウンでやりたかったことが1つあります。

そう、それは……



マクドナルドに行くこと!!




アフリカには全くマクドナルドがないんです。

旅に出て初めてのマクド



地図に「マクドナルド」の文字を見つけた瞬間、

ぼくの心はもうチーズバーガーに挟まれていました。笑





シビックセンターからタクシーに乗って、

ひとまず宿にチェックイン。




今日の宿、すごすぎ。笑


なんなんですかこの豪邸は。

これで1泊2000円切ったから耐え。





そしてマクドナルドに寄り、待望の夕食。


うめえええええ!!!




世界一周、これでマクドナルドは17ヶ国目。


国によってポテトの塩が多めだったり、揚げ具合が違ったりと特徴が出るんですが、

南アフリカマクドナルドは「普通」。笑





マクドを出てから宿へ。

シャワーを浴びてベッドに入ったのは深夜0時。




あしたは早起きしてケープタウン観光の予定!

ではおやすみなさい!




トップページに戻る