旅バカ医学生、絶景求めて世界一周。

旅好き・アウトドア好きな大学生が、バックパッカー世界一周&自転車日本一周の旅行記を綴ります。旅の持ち物やアドバイスの記事も随時書いていきます!

世界一周101日目 タンザニア(39) 〜キリマンジャロ4日目 〜標高4500mの世界はひたすら絶景の連続だった!〜

世界一周101日目
バランコキャンプ(3900m)〜バラフキャンプ(4673m)







朝起きたのは6時。

キャンプ地から綺麗な雲海と日の出が見えました。









反対側にはキリマンジャロがそびえ立っています。


あまりにも綺麗なので集合写真をパシャリ。






いつもより早い6時半に朝食を食べ、7時に出発。




今日は、朝起きていきなり、通称「breakfast wall」と呼ばれる急斜面を登ります。

朝食(breakfast)を食べてすぐに登るから、この名が付いたそう。





登りながら写真をパシャパシャ撮ります。






奇妙な形の高山植物ジャイアントセネシオの林。





この植物は名前わからんけどすごい形。





小さな滝を発見。



標高4000mなので、凍ってつららのようになっています。






ひたすら登り続けること約1時間、breakfast wall制覇!




斜面に咲き誇る無数の高山植物

奥に見えるのはキリマンジャロ






そしててっぺんから見えた雲海。





同じパーティーのイスラエル人登山家グレッグも、

思わずテンションアゲアゲ。笑






この日は天気もよくて絶景続き。


さらに2時間ほど歩くと、キリマンジャロが別の角度から見えました。





またしても集合写真。笑





今夜これの山頂にアタックするのか……



あまりの山頂の遠さに、実感が全く湧きません。






そして振り返ればまた雲海。

天国ですか、ここは。







裾野に果てしなく広がる高山砂漠。





高山砂漠を延々と歩いていきます。

標高は約4200m。





たまに川があるものの、案の定所々凍っています。








出発から約5時間、正午ごろになると天気が悪化。


さっきまでの気持ちいいハイキングが嘘のように、
一面ガスに包まれてしまいました。







天気が悪化したなか、中間キャンプ地に到着。



このキャンプ地で昼食を取って、
今日はさらにもうひとつ先のバラフキャンプを目指します。






昼食後歩くこと2時間。

今日の目的地・バラフキャンプ(4673m)に到着。







このキャンプ地、ぼくたちが選んだマチャメルートのベースキャンプになっています。

ベースキャンプ。
すなわち今夜、ここを出発して山頂アタックを行います。







山頂との標高差は約1200m、所要時間は6時間。

深夜0時に出発して、朝6時半の日の出を山頂で見る予定。





アタックに備えて早めの夕食。

のはずが、遅れて午後7時に夕食。





夕食前に見えたベースキャンプからの夕焼け。







食べ終わると午後8時。

午後11時に起きてアタックの準備や軽食などの予定なので、睡眠時間は3時間。





テントで慌てて寝ようとすると、頭上には満天の星空。




標高4700mでキャンプして星空を見ることなんて、
もう今後ないかもしれません。






というわけで星空撮影会。





結局30分しか眠れないまま、アタックを迎えたのでした。

次回、いよいよ山頂(5895m)アタック!




トップページに戻る