旅バカ医学生、絶景求めて世界一周。

バカで無謀な大学生が、バックパッカーとして世界一周を目指すブログ。現在41ヶ国訪問!ついでに野宿で自転車日本一周もしてます。ときどき登山も。

東南アジアを隅から隅まで旅した男が選ぶ・至高の絶景ベスト10 完結編

 

 

前回に引き続き、

 

東南アジアに恋してしまい、そのほぼ全てを旅してしまったぼくが選ぶ

至高の絶景ベスト10を発表します!!

 

 

 

↓ 前回の記事(10位~6位)はこちら。

 

 

 

繰り返しになりますが、ちなみに東南アジアとは、


ASEAN(東南アジア諸国連合)に加盟する、
タイ、
ベトナムラオスカンボジアシンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピン、ブルネイ・ダルサラーム、ミャンマー東ティモール

11ヶ国のことを指すそうです。

 


どうでもいいですね。笑

 

 

 

ぼくはこの11カ国のうち、東ティモールを除く10カ国を旅しました。

 

その中で出会った無数の景色から選んだベスト10、

それでは発表します!!

 

 

 

 

 

 

 

第5位  「イジェン火山」 インドネシア・ジャワ島

 

f:id:nexus17xxx:20170216003838j:image

 

イジェン火山は現在噴火中の巨大活火山で、

日本ならば火口に降りるどころか登山することさえ許されない危険な山です。

 

数十年周期で巨大な噴火を起こしており、

そのたびに数百人が犠牲となっていて、いつ噴火してもおかしくない状態です。

 


火口の底からは純粋な硫黄が大量に噴出しており、

そのため燃焼温度が高くなり夜には炎が青く見えます

 


世界で唯一、ここでしか見られない絶景として

一部で有名になっています。

 

 

 

イジェン火山ツアーでは、夜2時にイジェンの登山口、標高1900mに到着、

全員にガスマスクが配られ、標高2800mのイジェン火山山頂を目指します。

 

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170216/20170216003850.jpg

 

 

真っ暗な険しい山道を歩くこと2時間、山頂に着きました。

 

 


目下には深さ200mの巨大な火口が口を開け、

猛毒の火山ガスをすごい勢いで噴き上げています。

 


この火口を崖にへばりつくようにしてゆっくりと、

深さ200mの火口の底まで1時間近くかけて降りていきます。

 

 

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170216/20170216003721.jpg

 

 

 

地元の男たちはこの火口から硫黄を運び出し売っていますが、

火山ガスの有毒性が強すぎるため、

寿命は皆かなり短いそうです。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170216/20170216003819.jpg

 

 

火口から数mの位置で見る青い炎は本当に神秘的で、

吸い込まれるような色でした。

 

火口ではその高温ゆえに硫黄が液体状態で存在しています。

 

その硫黄を型に流し込み、成型しておみやげにしていました。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170216/20170216003924.jpg

 

 

このイジェン火山、とにかくアクセスが悪い。

 

ぼくが訪れたとき、過酷すぎるトラブルに幾つも見舞われました。

 

↓ ネットにも情報が少なくて苦労したので、

バリ島からイジェン火山に行く方法も含めて記しました。


 

 

 

 

 

 

 

 

第4位  「ホイアンの街並み」 ベトナムホイアン

 

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170606/20170606023822.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170606/20170606023744.jpg

 

 

 ベトナム中部のビーチリゾート・ダナンから南へ30km。

 

トゥボン川の河口に広がる美しい街がホイアン

 

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170606/20170606021735.jpg

 

 

このホイアンで最も有名なのがランタン。

 

夜になると街じゅうがランタンで照らされます。

 

その景色は本当に絶景。

 

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170606/20170606023457.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170606/20170606023532.jpg

 

 

ホイアンの街は美しいだけでなく本当に雰囲気がいい。

 

人がたくさんいて賑わっているのに、心地よい静けさに包まれています。

 

 

あまりの心地よさに、ぼくは予定を変更してこの街に沈没しました。笑

 

ほんまにホイアン最高!

 

↓ アクセス含めホイアンについてはこちら。

 

 

 

 

 

 

第3位  「インレー湖周辺」 ミャンマー・インレー湖

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170303/20170303081410.jpg

 

ミャンマー北部にある湖・インレー湖。

 

 

インレー湖は東南アジアの他の国ほど観光開発されていないことや、

そこに住む人々の民族性もあり、

目が合えば知らない人でも「ミンガラバー(こんにちは)」と声を掛けてくれる、

そんな居心地の良さが最高でした。

 

決して豊かではないけれど、

そこに暮らしている人みんなが笑顔に溢れていて幸せそうで、

なんか考えさせられるものがありました。

 

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170303/20170303082243.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170303/20170303081805.jpg

 

 

東南アジアをここまで旅してきて、

間違いなくぼくの中では「もう一度訪れたい街ランキングNo.1」です。

 

 

そしてそんなインレー湖名物が、

足で櫂を使って船を漕ぐ漁師」です。

 

本当に器用に片足で船を漕ぎます。

 

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170303/20170303081340.jpg

 

 

インレー湖は水上に住む民族がたくさんいることでも有名で、

おそらく数千近い家が湖上に建っていると思います。

 

 

訪れる前に想像していたのより、

水上集落は遥かに規模が大きく、

さらにその数も多くあちこちに点在しており、

例えてみればベネチアが100個ぐらいある感じです。

 

 

水上寺院に併設されているマーケットはすごい賑わいで、

山から降りてきた山岳民族の人や水上民族の人がそれぞれの産物を売ったり、

かたやお土産を売る人もいたり、

と現地民と観光客でごった返していました。

 

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170303/20170303081744.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170303/20170303081712.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170303/20170303081655.jpg

 

 

アクセスはかなり悪いですが、本当におすすめの街です。

住んでしまいたいぐらい大好き。笑

 

 

↓ インレー湖について詳しく書きました。


 

↓ 未知の国・ミャンマーについて。ビザなどについて。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

第2位  「プレア・ヴィヒアから見た地平線」 カンボジアシェムリアップ

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170202/20170202044745.jpg

 

カンボジアにある2つの世界遺産のうちの1つ。

もう1つはそう、アンコールワット

 

 

この寺院遺跡はカンボジアと隣国タイとの国境線上に位置し、

長年その領有権問題が懸案となっていましたが、

1962年に国際司法裁判所によって正式にカンボジア領と認められました。

 

 

2008年世界遺産登録後から両国軍の間で緊張が高まり、

何度も銃撃戦が発生して死傷者も複数出ています。

 

現在は緊張状態は和らいでいるものの、

国境付近の地雷は意図的に撤去されていないため、

道から踏み外してはいけません。笑

 

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170202/20170202044653.jpg

 

 

シェムリアップからは片道250km近く離れているので、

トゥクトゥクで向かうことは不可能。

 

ツアーに参加するか車をチャーターして向かうしかありません。

 

 

朝5時頃にシェムリアップを出発して夕方ごろに帰ってくるツアーが幾つかあります。

 

 

 

 

遺跡のある山の麓についてからもまだ遺跡は遠いです。

 

ここからはほぼ崖のような悪路の山道を登るため、

現地のピックアップトラック(荷台に乗る)に乗り換えます。

 


冗談やろ、と言いたくなるような未舗装の急斜面を登っていきます。

ここで車の転落事故が頻繁に起こっているというのもうなずけます。

 

 

 

そしてたどりついた遺跡から見える景色がこれ。

 

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170202/20170202044851.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170202/20170202044950.jpg

 

 

言葉もいらない本当の絶景。

 

かなりアクセスは悪いですが、カンボジアに行く方にはぜひおすすめです!

 

 

↓ ぼくが実際に訪れたときの記事がこちら!

 

 

個人的にカンボジアシェムリアップに恋してしまい、

計1週間も沈没してしまいました。笑

 

いま人気急上昇中、カンボジアの遺跡についてもまとめました。

ぜひご参考に。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第1位  「バガンの朝焼け」 ミャンマーバガン

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170301/20170301103642.jpg

 

 

栄えある第1位に選ばれたのは・・・

ミャンマーバガン!!

 

 

バガンは40平方キロメートルの広大な平原に、

大小3000以上の仏塔が建ち並んでいます。

 


地平線の果てまで続く荒野に仏塔だけが建ち並び、

他の人工物が一切無いこの景色は、

おそらく仏塔が建てられた1000年前から全く変わっていないのでしょう。

 

 

その朝焼けの様子は言葉には表現できない美しさでした。

 

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170301/20170301103632.jpg

 

 

同じ場所から朝焼けを眺めていた全ての人があまりの美しさに言葉を失い、

ただただ沈黙が広がりました。

 

遥か彼方まで続く地平線にはうっすらともやがかかり、

その間に浮かぶ仏塔の先端が朝日にキラキラと輝きます。

 

 

 

その日の出を空から見るため、多くの気球が空を舞い始めました

 

気球も風景に馴染む茶色で作られており、

まさに絵画の世界が目の前に広がりました。

 

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170301/20170301103620.jpg

 

 

あまりの絶景に圧倒され、

結局1時間半近くぼーっと景色を眺めていました。

 

 

 

バガンカンボジアアンコールワットインドネシアボロブドゥールと並んで

世界三大仏教遺跡の1つです。

 

他の2箇所は共に世界遺産に指定されていて、共に朝焼けが有名で、

どちらもぼくは以前朝焼けを眺めに訪れましたが、


朝焼けだけでなく規模雰囲気全てにおいて

このバガンがずば抜けて素晴らしかったです。

 

 

↓ 詳しくはこちら。

 

 

↓ 10位~6位まではこちら!

 

 

 

 

↓ おすすめ記事はこちら。

 

 

 

↓ 他のアウトドアアイテムのレビュー記事はこちら。

 

 

トップページに戻る