旅バカ医大生、絶景求めて世界一周。

アウトドアを楽しみながら、バックパッカーとして世界一周を目指すブログ。現在55ヶ国訪問!以前は野宿で自転車日本一周をしていました。キリマンジャロに登ったり、登山も好きです!

【レビュー】THE NORTH FACEのマウンテンパーカーが超おすすめ!

最近話題のマウンテンパーカー

 

 

その中でも大人気のメーカーである、

THE NORTH FACE(ノースフェイス)

ゴアテックスGORE-TEX)製マウンテンパーカーを使ってみた感想を書きました。

 

 

 

f:id:nexus17xxx:20170513151345p:plain

 

 

ぼくは実際にこのマウンテンパーカーを着て、

 

 

アフリカ大陸最高峰キリマンジャロ山(5895m)登頂

 

東南アジア最高峰キナバル山(4095m)登頂

 

槍ヶ岳(3180m)、北岳(3183m)、富士山(3776m)等登頂

 

バックパッカー世界一周

 

野宿自転車日本一周

 

 

 

 

など、3年間ひたすら酷使しました

 

この記事では、その上での感想を述べます。

 

 

 

 

 

まず、マウンテンパーカーとは何なのか。

 

 

 

マウンテンパーカーは、元々登山用の防寒具として作られたフード付きジャン
パーのことです。

 

アウトドアに耐えられるように、様々な機能と耐久性が備え
られています。

 

マウンテンパーカーは様々なデザインがありますが、

 

アウトドアに便利な機能が工夫されています。

 

 

 

 

【ポケット】


筆記用具や磁石などアウトドアに欠かせない小物を収納でき、

さらに落とさないようにマジックテープでフタができるようになっています。

 

また、背中部分にジップタイプのポケットが装着されているものもあります。


これは山で遭難した時など、ここから新聞紙などを詰めて
マウンテンパーカーの保温性を高める目的があります。

 

 

【袖口のマジックテープ】


袖口にもサイズ調節のためにマジックテープがついていることもあります。


これは雨や風が入ってこないようにするための工夫で、天気によって緩めたり
閉めたりします。マジックテープは手袋をしたままでも扱えるメリットがあります。

 

 

 

 

【ドローコード】

 

とくにフードやウエスト部分についていることが多く、

ドローコードを引っ張るとサイズを調節できます。

 

ひもの先に手袋でも扱いやすい留め具がついています。

 

 

 

【色】

 

原色や蛍光色など、派手な色が多いです。


万が一山の中で遭難したときに、上空から探しやすいメリットがあります。

 

 

 

 

 

要するに、アウトドアのために作られたハイスペックなジャケットのこと。

 

 

 

 

ひとくちにマウンテンパーカーと言ってもその性能はピンキリ。

 

ただ、ぼくが強くおすすめするのはゴアテックスGORE-TEX)製のものです。

 

 

 

 

ゴアッテクスとは、簡単に言えば

内側からの汗による水蒸気は通すが、外側からの水滴(雨)は通さない

まさに夢のような素材なんです。

 

 

 f:id:nexus17xxx:20170513151609p:plainf:id:nexus17xxx:20170513151435p:plain

 

 

これ1着あれば、傘なんていりません。笑

 

さらにそのうえ、防風性も兼ね備えています。

 

 

 

 

 

そして、ぼくが悩みに悩んで実際に選んだゴアテックスがこれ。

 

 

 

 

 

THE NORTH FACE(ノースフェイス)の クライムライトジャケットです。 

 

 

 

 

約3年間使ってみた感想は、

 

 

ノースフェイスのマウンテンパーカーを買いたいけれど迷っている、

 

という方にはぜひおすすめしたいです。

 

 

 

 

 

まず、ぼくがこれを選んだ理由は、ひとことで言うと

生地の薄さ(軽量性)です。

 

 

 

結論から言うと、真冬の雪山の登山を専門にしている方でない限り、

マウンテンパーカーは薄いほうがいいです。

 

 

いくらゴアテックスは通気性が優れているとは言え、

やはり普通の防水性のない服に比べるとムレます

 

 

 

なので、薄くない限り、冬にしか着ることはできません。

 

春や夏には暑くて、とてもじゃないですが我慢できません。

 

 

 

 

世界一周していても、ほとんどの気候には対応できます。

 

寒くなれば、これの下に1枚羽織るだけ。

 

 

これは登山でよく用いられる考え方なんですが、

 

分厚い服を1枚着るより、

薄い服を何枚か重ねる方がこまめに体温調節ができて便利なんです。

 

 

 

 

 

最後は実際に、様々な状況で使用した上での感想を記します。

 

 ぼくは mont-bell(モンベル)のゴアテックス製ジャケットも持っており、

寒い時は重ね着しているので、

 

写真によって服の色がまちまちになっています、すみません。

 

 

 

 

 

 アフリカ大陸最高峰キリマンジャロ山(5895m)登頂

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170826/20170826061212.jpg

 

 

東南アジア最高峰キナバル山(4095m)登頂

f:id:nexus17xxx:20170513012549j:plain

 

 

 槍ヶ岳(3180m)、北岳(3183m)、富士山(3776m)等登頂

f:id:nexus17xxx:20170513012648j:plain

 

 

 

とにかく過酷な高山登山。

 

標高6000mキリマンジャロに至っては、

気温はマイナス15度強風が吹きつけ、

体感温度マイナス20~30度

 

酸素濃度は平地の半分以下というあまりにも過酷な環境。

 

 

 

ここでも、薄いマウンテンパーカーは重宝します。

 

 

気温が氷点下でも、登山では体を動かすので体温は上がってしまいます。

 

そんなときはやはり、生地の薄いマウンテンパーカーがとにかく便利でした。

 

 

暑くなると1枚脱ぎ、寒くなると1枚着る。

 

こまめな体温調節が可能なのは生地が薄いからこそ!

 

 

 

 

バックパッカー世界一周

 

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nexus17xxx/20170314/20170314185337.jpg

 

バックパッカー世界一周でこれを着る上で便利な機能が、胸ポケット

 

治安の悪い海外では、かばんやズボンのポケットに財布やスマートフォンを入れていると一瞬でスラれます。

 

 

マウンテンパーカーは胸ポケットにチャックまで付いているので、

スラれる心配はゼロ!

 

これが本当に重宝しました。

 

 

 

 

 

 

野宿自転車日本一周

 

急な雨に降られることも多い自転車日本一周。

 

バケツをひっくり返したような大雨でさえ、ゴアテックスは弾きとばしてくれます。

 

f:id:nexus17xxx:20170513012723j:plain

 

 

 

 

このジャケットさえあれば、傘なんて不要。笑

 

どんな天候でも気温でも、手ぶらで出かけられます。

 

まさに最強の相棒。本当におすすめです!

 

 

 

以上、ぼくが過酷な環境で3年間、マウンテンパーカーを使ってみた感想でした!