旅バカ医学生、絶景求めて世界一周。

旅好き・アウトドア好きな大学生が、バックパッカー世界一周&自転車日本一周の旅行記を綴ります。旅の持ち物やアドバイスの記事も随時書いていきます!

世界一周69日目 ハンガリー(22) 〜ドナウ川の真珠・ブダペストは温泉天国だった!〜



移動時間はできるだけ早朝か深夜にして、

日中は観光に時間を当てたい派なので3日連続の超早起き





朝5時に起きて支度し、サントリーニ島の空港へ。

まずはギリシャの首都・アテネへ戻ります。






たった25分のフライト。

今日は憎きRYANAIRではなくエーゲ航空です。

エーゲ航空LCCじゃないのに安いしサービスもいいので最高。

片道3000円なのに機内食まで出ます。






席も無料で選べるので、足元のめっちゃ広い非常口の横にして、ビジネスクラス気分を味わっていました。









アテネについてからトランジットは1時間。


EU域内はシェンゲン協定で自由に国境を越えられることになっているので、

国内線とEU域内の国際線が同じターミナルから出ます。




国際線に乗るための、追加のセキュリティチェックもパスポート確認も一切無し。


EU域内の国際線は、国内線と全く同じ扱いになっています。

すごい。







次に乗るのはハンガリーの首都・ブダペスト行きの飛行機。

約2時間後、ブダペストに到着しました。








ハンガリーはEUに加入していますが、通貨はユーロではなく独自のフォリント(FT)を使っています。

なのでまた両替しないといけません。

いろんな国のお金集めるの趣味やから別にええんやけど。笑








空港からバスと地下鉄を乗り継ぎまずは宿へ。


↓200E系統のバスに乗って街に出て


↓そこから地下鉄







地下鉄の吊り革本物の革でできてました。







ブダペスト市内の地下鉄バストラム水上バス(船)が24時間全て乗り放題になるチケットを買います。

これが約800円。




あとで思いましたがこれは圧倒的に「買い」です。


5回乗れば元が取れますが、結局20回以上乗りました。








チェックインを済ませ重いバックパックを部屋に置きます。



こんやのお宿は共用のキッチン付き。

このキッチンがめっちゃ豪華でした。





住ませてほしいレベル。

これで1泊2000円はもはや申し訳ない。








さっそく街に出かけます。


有名な国立オペラ劇場。








聖イシュトヴァーン大聖堂。


1000年前に亡くなった初代ハンガリー国王・イシュトヴァーンの右手のミイラが飾られています。




巨大なパイプオルガンもあります。




ステンドグラスも綺麗。










おなかがすいたので昼食にします。


ブダペストには世界一美しい◯◯があるそう。

そこへ向かいます。








そう、◯◯とはマクドナルド




鉄道駅の「西駅」に隣接しています。



1900年代初頭に建てられた西駅の旧食堂をそのまま利用しているので内装がとても豪華!!





マクドナルド大好き芸人にとっては行かざるを得ないスポットです。



うん!味はいつも通り!!笑



うまい!








ついでに駅で、あしたのスロバキア行きの国際電車の切符を買います。

片道2時間半、約1000円。

安い。









次にブダペストの中心・「王宮の丘」へ向かいます。


その名の通り王宮の建つこの丘。

ドナウ川のほとりに建てられています。






有名なドナウ川の岸辺に発展したブダペスト

実は西岸がブダ東岸がペストという異なる2つの街でした。







この2つの街を最初に繋いだのが「くさり橋」という橋。



世界遺産にも指定されているこの橋は1849年に完成、

それ以来ハンガリーの歴史を見守ってきました。



夜が綺麗らしいので夜に渡りにいきます。






ドナウ川の真珠」とも呼ばれるブダペストの街の中心にあり、

ドナウ川に架かる橋の中で最も美しいと言われています。






ハンガリーを象徴するこの橋では、1989年10月23日、

ハンガリー旧ソ連社会主義と決別した日、

市民が旗を持って集まり新たな歴史の一歩に踏み出したことを祝ったそう。





それだけ国民にとっては重要な意味をもつ橋らしい。






このくさり橋を含めてブダペストの街を、

王宮の丘にある「漁夫の砦」から見下ろします。







これがくさり橋。





これが国会議事堂。



真ん中に写ってる白いとんがったやつね。







王宮の丘をしばらく散策します。




目玉となっているマーチャーシュ教会。

13世紀に建てられたそう。

陶器でできた屋根が美しい。








街並みも綺麗。









王宮の丘を下り、次はハンガリーで一番楽しみにしていたアレに行きます。



アレとはそう、温泉







実はハンガリー、知られざる温泉大国なんです。

首都ブダペストには100を越す源泉50近くの浴場があるそう。

浴場は原則として全て水着着用の混浴。

温度は37度ぐらいのぬるめです。





その中でも最大、ヨーロッパで最も大きな温泉である「セーチェニ温泉」に向かいました。


ここは巨大な露天風呂の他に18の屋内温泉もあるそう。





入場料は4900FT(約2000円)。


高い。笑









そしていよいよ入場!

広おおおおおおおおおお!!!!







スパワールド的な感じですね。


室内の風呂も入ります。




サウナや水風呂もあります。







夜になるとさらに綺麗。






大満足、シャワーを浴びて上がります。






温泉で夜にクラブイベントをやることもあるそう。

行きたいな〜








次に向かうのは夜のドナウ川

何を隠そうブダペストは夜景が綺麗







どや!

国会議事堂!!







そして乗り放題チケットで水上タクシーに乗ります。

これも無料なのは凄い。




くさり橋!!





王宮!!





名前分からん橋!!









大満足のクルーズでした。






最後に歩いてくさり橋を渡ります。








宿へ帰り、近くのスーパーでカップ麺を買います。


オシャレなキッチンで自炊。



うん、うまい。








あしたは電車で国境を越えてスロバキアの首都・ブラチスラバへ向かう予定。

ではおやすみなさい。







★世界一周ブログランキングに参加しています。

こちらの世界一周バナーをクリックしてページが移行すると、ランキングが上がる仕組みになっています!

応援の1クリック、よければお願いしますm(_ _)m



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村




トップページに戻る




大黒敬太が選んだニッポンの混浴温泉100 (Town Mook)

大黒敬太が選んだニッポンの混浴温泉100 (Town Mook)