旅バカ医学生、絶景求めて世界一周。

旅好き・アウトドア好きな大学生が、バックパッカー世界一周&自転車日本一周の旅行記を綴ります。旅の持ち物やアドバイスの記事も随時書いていきます!

【LCC・格安航空券】世界一周旅人が教える、超格安航空券の取り方。

f:id:nexus17xxx:20170220202737j:plain

今回は、格安航空券を取るうえでとっても便利な、

「skyscanner」というアプリの使いこなし方を伝授します!

 

 

 

skyscannerというのは航空券の値段を比較できるサイトで、

スマートフォン用のアプリも存在しています。

 

おそらく世界中の旅人が利用しています。

 

このページを読んでいる方の中にも、すでにダウンロードして

使っている方も多いと思います。

 

 

このアプリ、なにがすごいかと言うと、完全無料

予約手続き等全て0円なんです!

 

 

旅人にとってはただただありがたい、超オススメのサイトです!

 

 

↓ アプリダウンロードはこちらから

Skyscanner格安航空券検索

Skyscanner格安航空券検索

 

 

 

 

 

 

 

まず、出発する空港到着先の空港を決めます。

 

今回は、例として大阪からシンガポールを目指すことにします。

 

 

最初に出発日を選び、

出発地を「大阪」、到着地を「シンガポール」と入力します。

 

f:id:nexus17xxx:20170219160940p:image

 

 

すると、上のように安い順から航空券が表示されます。

 

ですが、安いものは全て片道24時間もかかるような無茶苦茶な乗り継ぎ…

 

 

 

 

短時間で行けるものを、と考えると、

 

f:id:nexus17xxx:20170219161505p:image

 

どんどん値段が高くなってしまいます…

 

 

 

 

 

 

格安航空券なんて全然ないやんか・・・

 

 

こんな経験のある方、いるんではないでしょうか??

 

 

 

 

 

実は、ここに表示されていない航空券でも、

もーっと安くもーっと短時間で

目的地に行けてしまう航空券がたくさんあるんです!

 

 

 

どうすればそんな航空券が取れるのか?

 

それを理解するためには、skyscannerの仕組みを理解する

必要があります!

 

 

 

skyscannerというのは、

あらゆる航空券あらゆる予約サイト

(航空会社から直接買ったり、Expedia経由で買ったり、DeNAトラベル経由で買ったり…)

で買ったら、どの航空券をどの予約サイトで買うのが一番安いか

を比較できるサイトなんです。

 

 

 

ん・・・?

航空券と予約サイトって違うの?

よく分からない・・・

 

そんな方が多いと思います。

 

さらに詳しく説明していきます!

 

 

 

 

 

 

まずポイントの1つ目は、

全ての航空券が表示されるわけではない、ということ。

 

 

いきなり「え?」と思う方も多いかもしれません。

 

 

 

どういうことかと言うと、

基本的に乗り継ぎ航空券として表示されるのは、

同じ航空会社の飛行機同士か、

同じ航空会社グループに所属する航空会社の飛行機同士のみなんです。

 

 

 

つまり、自分でトランジットする空港を決め

自力で乗り換えすれば

別の航空会社や別の航空会社グループ同士の便を利用できるので、

もっともっと安く航空券が取れるんです。

 

 

 

例えば、先ほどの大阪〜シンガポールを、

自力で香港でトランジットしてみたと想定して調べると、

 

f:id:nexus17xxx:20170219163008p:image

f:id:nexus17xxx:20170219163010p:image

 

 ほら、どうでしょう。

 

さっきより遙かに安く、短時間で行ける航空券が

見つかりましたね。

 

↓ 香港の他にもトランジットでおすすめの空港を挙げました!

kichigai.hateblo.jp

 

 

ここで注意しなければいけない点が2つあります。

 

 

1つ目は、自力でトランジットしているので、

乗り換え前の便が遅延して後の便に乗り遅れたとしても、

誰も保証してくれない、ということです。

 

 

 

2つ目は、預け荷物がある場合

乗り換えするためにトランジット先の空港で

一度入国してから出国しなければいけないこと。

 

預け荷物がなく、手荷物だけの場合は大丈夫です。

 

 

なぜかと言うと、自力で乗り継ぎしているため、

預け荷物を自動的に次の航空会社に引き継ぐことができないからです。

 

 

例えば今回の場合で言えば、最初の便の航空会社は、

ぼくの最終目的地は香港だと思い、

香港の空港で預け荷物を返してくれるんです。

 

思い出して頂ければ分かると思いますが、

預け荷物というのは飛行機が着いた空港で、

入国した先にあるターンテーブル(ベルトコンベアみたいなやつ)で受け取らなければいけないんです。

 

 

 

つまり預け荷物がある場合トランジット先の空港で、

飛行機が到着 → 入国 → ターンテーブルで預け荷物を受け取る → 次の航空会社の受付でチェックイン → 預け荷物を預ける → 出国 → 次の飛行機に乗る

 

という手順を踏まなければいけないんです。

 

 

 

 

何度も言いますが、

預け荷物がない場合はその必要はありません。

 

空港に到着したら入国もせずにそのまま次の飛行機に乗ることができます。

 

 

 

この煩雑な手順を踏まなければいけないことと、

航空会社のチェックインの締め切り時間等、

そして万が一飛行機が遅れたことを考えると、

 

トランジットにはどんなに短くても3時間

欲を言えば4時間はほしいです。

 

 

 

 

 

 

 

ポイントの2つ目は、

同じ航空券でもどの予約サイトから買うかで値段が変わること。

 

 

航空会社から直接買うよりも

Expediaなどの予約サイトから買う方が安い場合があります。

 

 

f:id:nexus17xxx:20170219162228p:image

 

 

ただ、注意が必要なのは、

この予約サイトの中には悪徳サイトも多く混じっていること。

 

 

 

 

例えば、eDreamsKiwi.comなど(他にも多数)、

「お金を払ったのに航空券が発券されない」

といったトラブル頻発しているサイトもあります。

 

ぼくは二度eDreamsを利用しましたが、

一度目は無事にチケットを買えましたが、

二度目は予約は成功したもののチケットが発券されませんでした。

 

ただ、振り込んだお金は無事に返金されました。

 

 

 

また、Ctripなどのように仕組みがかなり煩雑なサイトもあります。

 中国の航空会社を利用する場合はこのCtrip経由で買うと

かなり安くなるんです。

少し前までは独自のポイントに換金しないとチケットが買えない、などの

煩雑な面もありましたが、最近では改善されたようです。

 

ぼくも二度Ctripを利用しましたが、無事購入できました。

 

 

 

そこで、まずはインターネットでそれぞれの予約サイトの評判を調べてみてから

予約しましょう。

 

 

 

一番安全なのは航空会社のサイトで直接購入するか、

Expedia等の信頼性の高い予約サイトで購入すること。

 

 

 

少し不安があっても格安サイトで予約するか、

少し値段が高くても信頼性の高いサイトで予約するか。

 

そこは各人の判断にお任せします。

 

 

ただ、海外の航空会社のホームページなどは、

日本語表記に対応しておらず英語表示しかできない

サイトも多いです。

 

ただ、航空会社から直接購入するのは

やはり安い上に信頼性も高いので、

辞書を引きながらでも使う価値はあると思います。

 

 

 

 

最後に、ぼくがトランジットでよく利用する空港

挙げて、利用してみた感想とともに記事にまとめてみました。

 

kichigai.hateblo.jp

 

この空港を経由する乗り継ぎ便を全て調べれば、

その中に必ず最安航空券が潜んでいるはずです!

 

 

 

 

アメリカ、ヨーロッパ、アフリカ方面などの長距離移動の航空券は

 

さらに他にコツが必要です。

 

 

それについても記事にまとめてみました。

  

 

トップページにもどる