旅バカ医学生、絶景求めて世界一周。

旅好き・アウトドア好きな大学生が、バックパッカー世界一周&自転車日本一周の旅行記を綴ります。旅の持ち物やアドバイスの記事も随時書いていきます!

世界一周97日目 ケニア(38)、タンザニア(39) 〜8時間の陸路国境越え、そしていよいよ明日からキリマンジャロ挑戦!〜

世界一周97日目
ケニア(ナイロビ)〜タンザニア(アルーシャ)〜タンザニア(モシ)






朝起きたのは6時前。

昨夜9時過ぎに寝たのでやたらと朝早く目が覚めました。




外はなんと雨。

いま乾季のケニアでは、かなり珍しいことです。





別に夜降る分には雨は降ってもらっても構わないんですが、

昨夜だけはやめてほしかった。






なぜなら………


干していた洗濯物が全く乾かないから。笑






案の定触ってみるとまだビショ濡れ。

最悪…。笑






昨日の残りのインスタントラーメンを全て消費して、

日本食とはおさらば。


3人で大事に分けて食べます。









そして、朝食のあとに、今日からは新しくやることが。

そう、ある薬を飲み始めます。



その薬の名は「ダイアモックス」。





あしたから6日間かけて、アフリカ最高峰・キリマンジャロ(5895m)に挑戦するぼくたち。


6000m近い標高のこの山では、ほぼ全ての登山者が高山病を発症します。


登り慣れている地元のガイドやシェルパも高山病になって下山してしまうことがあるほど。





そのため、登頂成功率は約30%と非常に低くなっています。

急峻な斜面や危険な岩場などは無いので、この高山病だけがほぼ登頂の可否を分ける要因となります。





高山病を予防する薬としてほぼ唯一効果が認められているのがこのダイアモックス



と言っても、ほんの少し症状が軽くなるかな?程度で、

そんなすごい効果はありません。笑






作用機序は、

腎臓の近位尿細管のHCO3-イオンポンプを阻害し、
体内をアシドーシス(酸性化)状態にすることで、
呼吸を促進して………

とまあややこしいんですが、




要するに、もともとは利尿薬

つまり、おしっこが出やすくなる薬なんです。



その副作用として高山病に効くかな?程度。





要するに、これを飲むとめっちゃくちゃおしっこに行きたくなります。

実際に今日だけで7〜8回もおしっこにいきました。


確実に普段の2〜3倍。笑




これを今日から毎日、朝夕の2回飲まなければいけません。笑









そんなこんなで部屋でしばらくのんびりしてから、

びしょ濡れの洗濯物をバックパックにしまいます。


宿を出発したのは10時半。






今日の目的は、遅れてきたもう1人の友達と合流し、

いまいるケニアのナイロビを脱出して、陸路で隣国タンザニアへ向かうこと。



そのため、まず空港へ向かいます。








11時すぎに友達と合流し、パーティーは全部で4人に。






今夜タンザニアでさらに1人合流して、計5人で、

いよいよ明日からキリマンジャロへの挑戦が始まります。






ナイロビ空港からはまず、シャトルバスに乗って陸路で国境を越え、

タンザニアのアルーシャという街へ向かいます。


そこからは宿のピックアップに乗って、キリマンジャロの麓のモシという街へ移動する予定。






12時にナイロビ空港発、と聞いていたシャトルバスが、

まさかの14時半発になったそう。



まあまあこれもアフリカ。

空港で昼飯を食べて時間を潰します。



やっぱりみんながいると、ただの待ち時間も楽しい!笑









案の定遅刻してきたシャトルバスに乗りこみ、空港を出発したのは14時45分。


車内はこんな感じ。







ケニアの大平原を延々とバスは走ります。




かなりレトロな車体なので、

乗り心地はまるで荒れ狂う馬のよう。笑





そして、朝に飲んだダイアモックスのせいでとにかくおしっこがしたい。

長距離バスと利尿薬って相性最悪。笑




ひたすらおしっこを我慢しながらバスに乗り続けます。

もう地獄。。。





そして出発から2時間半、タンザニアとの国境の目の前で休憩。

日本でいう「道の駅」みたいな施設なんでしょうか。








10分休憩と言われたものの結局再出発は20分後。

すぐにケニアタンザニアの国境に到着しました。



ケニア側の出国管理所でビザに出国スタンプを押してもらいます。




キリマンジャロ登山の終わったあと、

再びケニアに戻ってきてマサイ族のところに遊びに行ったり、
サバンナでサファリを楽しんだりする予定。





ウガンダで出国拒否されて以来、国境でビクビクですが、

何事もなく通過。







少し移動して今度はタンザニアの入国管理所へ。


とにかく陽気な係員に、スワヒリ語を教えてもらいながら大盛り上がり。

50USDでアライバルビザを取得。


39ヶ国目タンザニア、無事入国!!!






国が変わっても景色は全く変わらず。


ひたすらサバンナの大平原の中を走ります。






途中、道端に2頭のキリンがいました!

(突然のことで写真は撮れず。)



こんな野良犬みたいな感じでキリンっておるもんなん…笑




そのあともちょくちょくキリンが現れます。

タンザニアすげぇ。笑







シャトルバスの終点であるタンザニアのアルーシャの街に到着したのは、午後9時。


そこからさらに、最終目的地であるキリマンジャロの麓の街・モシへと向かいます。





利用する予定の登山ツアー会社の送迎バスでモシへと移動。


モシの宿に着いたのは、既に夜10時半。



ナイロビから8時間もかかりました。






宿に荷物を置いて、5人全員で夕食へ。

時刻は夜11時。

ほとんどのレストランが閉まっています。




唯一開いていたレストランへ。





ローカルフードを食べて、明日からの登山のために英気を養います。





本当はビールが飲みたかったんですが置いておらず。








そのあと宿に帰ってシャワーを浴び、だべります。






結局寝たのは1時過ぎ。

キリマンジャロ、登ることができるのか??


そのまえに、まず明日起きられるのか?笑





乞うご期待ください!

では6日間更新途絶えます!

いってきます!


トップページに戻る